セッション体験☆報告談, ヒーリング講座☆ワークショップ, 動物 ペット ヒーリング

ペットとの絆

先日のマリア ドルフィン タッチ ヒーリングでモニターになってくれたこちらのワンちゃんのリーディング結果を昨日飼い主さんに送りました。

  
ジャスティンちゃん。雄です。高齢なんですが、手術を何度も受けていて、急遽抜歯もすることになり、飼い主さんが心配してました。

リーディングすると、精神の若々しい様子がみえました。ちょうど、全身麻酔の手術を終えて数日のときだったのですが、術後に見えた免疫の低下がもう見えない。物凄い回復力。飼い主の愛に応える姿。

「ジャスティンは、気持ちがとても若い子ですね。体力ですが、回復が早いと思いますよ。免疫も取り戻すと思いますよ。

手の甲なんですが、腫瘍のため、爪とかのケアとかやりにくいとかありますか?なんか、爪を見せてきたので気になりました。

で、ジャスティンが「もう、愛情という愛情を僕に全て捧げてくれていて、これ以上受け取れるものがないくらい大切にされている」と。十分に伝わってますから、そこは全く心配ないです。オシャレが大好きみたい。だから、サロンとかで小綺麗にしてもらうのとか、綺麗な洋服を着せてもらうのが好きだと。カッコイイ系の服が好きだそうです 笑

度重なる手術は、やはり怖いとか話してます。人間のやり方、いわゆる西洋の医療が怖いんだそうです。麻酔とかで意識がなくなるから、寝ている間に何かをされるから、それがこわいそうです。麻酔以外でも、切り取ったりしますよね。そういうのが怖い。手術が何なのかはあまり理解できてないと思います。

だけど、全ては自分のために飼い主がやってくれているということはわかっていて、飼い主さんには絶対的な信頼があるので、恐怖には負けないですね。

強い凛々しい子ですね!我慢強い。だから、歯を失ったことも、冷静に受け止めてますよ!」

マリドルのコースの生徒さんが遠隔ヒーリングもいたしました。

この飼い主さん、2月のマリドルは、ジャスティンの通院で参加できなくなりましたが、ぜひまたの機会にご参加していただきたいです。爪は、恐らく手の甲の怪我が原因でうまく体重をかけられず、土とかを捕らえられていないのだということ。伸びてるのかも。

2月のマリドルはこちら。まだ枠あります。
http://www.paramita.jp/news/669.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中