ヒーリング講座☆ワークショップ

透視ヒーリングを学ぶ #4

「リーディングとヒーリングとは」

リーディングとヒーリングの違いがよくわからない、という方のために、簡単にご説明します。

リーディングとは、英語のReading。「読む」ということです。何を読むのかというと、人のエネルギーを読むのです。身体の調子、感情、過去の経験や未来の可能性など。また、人のハイヤーセルフや神、天使などからの意見も「読む」のも可能です。

読むために必要な情報は、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、直感で受け取ります。私達が普段「読む」ときは、文字で情報を得るわけですが、スピリチュアルなリーディングのときの情報は、肉眼で見る情報形態とは異なります。映像で読む人、声を聞く人、直感の人、特定の匂いが漂ってきて、その匂いから情報を受け取る人もいます。

普段の生活でも、実は私たちはこのような情報わ得ていて、無意識で思考や行動に影響を与えられています。それを、リーディングのときは意識的にやるのです。

PARAMITAでは、1番正確性の高い視覚情報で読むことを重視しています。

一方のヒーリングは、といいますと、簡単に言えば人のエネルギーの浄化です。その人以外の他人や霊体のエネルギーを取り除きます。除霊行為です。また、身体の臓器で不調なところがあれば、マイナスのエネルギーを抜き、その人に必要なエネルギーを入れ、氣の流れを良くします。誰かにはめ込まれは言動のパターンがあれば、それを取り除きます。そのほか色々なテクニックを使って、その人が健康で、より生きやすくするのがヒーリングです。

3月からの透視ヒーリング初級コース、残席2枠です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中