つれづれなるままに。。。, インド舞踊カタック

たまにはね〜

わたしも、たまには暗〜くなることもあるのです。ダンスのレッスンに行ったら、女性の先生の師匠らしき男性がいた。すんごい怖いんですよね、この師匠。怒鳴るわ、ののしるわ。。。多分、有名な指導者なんだろうけど。

前にも1度お見かけしたことありますけど。女性の先生は、とても綺麗な方で、日本人にしてあのスタイルは天性のものだな、と毎度惚れ惚れしてしまるんですが、なぜかいつも暗そうな顔。心の底から長らく笑ってないんだな、という感じ。その理由は、多分、踊りを楽しむことを忘れているからだと思う。プロとして上を目指すうちに、大会でタイトルをとるために訓練するうちに、技術を伸ばすことに専念しているうちに、楽しむ余裕がなくなってしまったんだと思います。

社交ダンスは厳しい世界ですから。インド舞踊と違って、パートナーと踊るものだし。あんなにののしられたら、怒鳴られたら、「目線は上だろ!そこじゃねえ!」とか言われても、顔が上がらないですよ。

ま、私には全く関係ないレベルのことやっていらっしゃるわけですが、横でちょこまかと基本的な振り付けの確認しても、ぜーんぜん頭に入らない。「廣光さん、お疲れですか?」と私の先生から言われるくらい、多分どっかに行っちゃってたんだと思います、ワタシ。。。

レベル違うけど、私もそんな世界を垣間見てるし、知ってるし、そういうところに居たから、過去の記憶がフラッシュバックするんですよね。インド舞踊の先生には始めの1年間コテンパンにやられたからね。毎週、クラス終わると泣きながらコルカタの地下鉄に乗って家に帰った。能力とかだけじゃなくてアイデンティティとかも傷ついたし。

その後、色んなことで人を指導する立場にいて、先生達のさじ加減の難しさを理解しましたけど。言わないと、注意しないと、人は簡単につけあがるし、初心を忘れるし、天狗になっちゃう。向上することを忘れる。裸の王様。自分のレベルを理解するのには年月がかかる。先生が何を言いたいのか、行間を読めるようになるまでに何年もかかる。それを受け入れられないし理解できないから、お金のために、欲のために自分で自分を騙していく。上手くいかないことを先生や組織や他人のせいにし始める。そのマヤー(幻想)を乗り越えられるのは一握りの人間。

インド舞踊の先生があれだけ私に心を開かなかったのは、テストしていたからだと思うし、色んな生徒に会ってきて、傷ついてきたからなのもわかります。傷つく、というより、多分先生の性格からして、人間にガッカリしたんだと思います。期待することをやめた。

今日の経験で、まだまだ私の中にある未解消のものを見せつけられたと思いました。自分のことじゃないのに、私は別に怒鳴られてもないのに、身体が動かなくなっちゃうんです。私のことじゃないのに、悲しくなります。

苦しんで踊る人をもう見たくないんだと思います。まあ、あれは指導の域を超えていたと思うし。女性の先生に謙虚さがないようにも見えないし。それより、輝きとか歯向かおうという光がなかった。

美しい人には笑顔でいて欲しいです。

で、私は足を1センチでも高く上げられるように引き続き頑張ろう、っと。あー、自分の練習ビデオ観ると情けなくなるが泣いても何も変わんないから頑張ろー。

————

メタトロンのヒーリングモニター募集中 詳細

PARAMITA透視ヒーリング初級コース モニター募集中 詳細

オーラ リーディング、DNA リペア&アクティベーション、サポーテッド ヒプノセラピーなどPARAMITAの個人セッション情報はこちら 詳細

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中