未分類

ペットとのお別れ

今日は、仕事で代官山へ。オフィスのオーナーのワンちゃんが今朝方亡くなったそうで、ご家族が愛犬を見送るのを拝見しました。人間なら100歳以上の小型犬。老衰でした。ご家族が最先端の医療と呼べるであろう製品を使い、ずっと介護されていました。今年の7月頃にはワンちゃんの鳴き声は聞こえていたけど、最近は全く鳴き声を聞かなくなりました。

亡骸は、毛がツヤツヤで、本当に綺麗でした。血液検査で異常が全くなかった。霊体にチャネリングすると、「ありがとう」と。家族に、最後まで自分のことを考えて色々行動してくれてありがとう、と。そして、黄色、ピンク、紫のお花を茎は小さくカットして、自分の頭の近くに置いて納竿して欲しい、というのでご家族に伝えました。

葬儀の業者が来るまであと30分もない。慌てて買ってきて、亡骸をお花で埋めていました。

愛されて亡くなるって幸せなことですね。

肉体を離れるときは、誰かに愛されていた、という確信があれば、幸せな気持ちで上がれると思います

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中