未分類

毎日に栄光

球界とはチョコチョコご縁がありますが、ここ1週間ほどよく野球の映像が見えていて、何となく博多明太子とか気になっていたら、福岡にい知人から、「この本がいい!」と連絡。こりゃ読まねば!ということで購入。

頷けるなぁ〜

精神論だけでは勝てないけど、生き方が美しくなければ人生は美しくならない

たとえ勝ったとしても、それはすぐに過去の栄光になる

過去の栄光を語るのではなく、今の栄光を語れる人でありたいですよね

栄光の定義も人それぞれだから、毎日、自分の中で小さな栄光を作ればいい

「仮に、野球の神様に、人間性は最悪だけれどWBC で必ず優勝できるチーム」と、人間性には優れているけれども WBCでは勝てるかどうか半々のチームの監督を任せてもらえるとしたら、僕は迷わず後者を選びます。」という小久保さんの言葉を読んで、同感だな、と。

今までに、技術だけに秀でている人で、輝いている人は見たことがないですから。

輝いているように見せることに秀でていても、それは長続きしない。

等身大の自分で生きていれば、開き直ることもできると思います。

「やります」「頑張ります」と言って何年もやらない、頑張れない、変われない人もいますが、本気の人ほど開き直って、1度全部リセットすることができます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中