未分類

結界を張る

「結界を張る」

これは、エネルギーワークをする、しないに関係なく、いつの時も必要なことだと思います。寝ている間は難しいかもしれないけれども、意識のある日中は、他者と自分のエネルギーの境目を作りながら過ごすと楽です。PARAMITAの透視ヒーリングのコースでも、まずはこの結界を張って護身することを基本として学びます。

本日の瞑想会は、ラファエルに言われた通り、「成熟した瞑想会」となりました。「人間としての基本的な経験をしてきて、地球人として成熟しつつあるメンバーの集まりであり、彼らがこれから自分の魂意識により深くアクセスして世の中には貢献できるように残りの時間をより有意義なものにできるような内容の誘導瞑想にせよ」と、いつになく強い口調で大天使ラファエルに言われました。

瞑想したり、タロットカードを引いたりして次々と起こるシンクロに、「あー、これは意味のある回だったね」と皆んな納得でした。男性がお2人来てくれたことも嬉しいです。いつもは女性が圧倒的に多いので。

昨年の癒しフェアでスクールのブースで認定ヒーラーのKoAさんからセッションを受けられたという男性もご参加くださいました。その方に、「瞑想会の申込みをしたあとに返信のメールをいただきましたが、廣光 のこの3文字のすべての文字に強い結界を張られているのが伝わってきた」と言われました。

最高に嬉しかったです (**)

はい、結界を張ることは、他者を退ける、というより、より自分自身の力を自分の中に凝縮させて有効に使い、健康的に過ごすということなのです。

初級コースは今月末から始まりますが、ご参加される方、まずはこの結界から学びますのでお楽しみに!

残席3枠となりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中