未分類

「人にする」

今日は、栗林で見かけた栗を見ながら、「マヌシ コラー」というベンガル語のことを考えていました。このフレーズは、「人にする」という意味です。

私たちは、純粋さと愛として生まれてきますが、成長の過程での様々な経験により、自己防衛を覚えます。生存には必要なものですが、時に重い鎧となります。

ベンガルでは、「マヌシ コラー」は、敬意を込めて、親、先生、グルなど人を育てたり導く人に使われます。「あの怠け者の息子を両親が(まともな)人間にした」というような時に使います。

私たちは人間です。動物ではありません。いや、動物ではだけれども、豊かな感情と知性を持った生き物です。重い鎧の中に、こんなにも甘くて栄養のある実を持っています。今週は、自分が動物とどう違うのか、世の中を良くするために何ができるのかを考えて過ごしてみませんか?

“「人にする」” への 1 件のフィードバック

  1. こんばんは!初めてコメントします。人間であることの尊厳を感じます。協調性や人間だからこそ持ちうる良心、愛情、道徳心などを持つことの重要性が人間にはあります。世界においても同様だと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中