つれづれなるままに。。。

丸山眞男

20年前に、日本のことを真剣に考えているある方からいただいた本。福田歓一が師を語るスタイル。

「日本の政治思想のことを知りたければ、僕は丸山眞男を読むけど」と。

本棚に埋まっていたものを引っ張り出してきてみた。

なるほど。

20年経ち、日本は彼が懸念していた以上の状態になった。これを予期して、哲学書から何かを得て、日本を良くしたい、と彼は純粋に願っていたのだろうし、今もきっとそうしているんだろう。

自分の頭で考えること。当たり前のことだけど、弱い気持ちや惰性でそれを避けてしまう私たち。

「すべてについて何事かを知り、あることについてすべてを知る」J.S. ミル

丸山眞男のお気に入りの言葉だったらしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中