つれづれなるままに。。。, 子供とエネルギー

2019はカルマの解消から始まった

2019

☆明けましておめでとうございます☆
2019年が、皆様にとってよりワクワクと実り多き1年となりますようお祈り申し上げます

昨年の大晦日の晩、我が家のスピリチュアル娘ちゃんが、突然クリアな透視リーディングを始めました。娘は小さい頃から天使やオーラや未来などを視ては私にお話ししてくれるのです(これは、人間誰もが持つ普通の能力です ですから、当スクールでは、ごくごく普通の方が、透視リーディングやヒーリングの能力を学んでいるのです)。

娘は、普段からリーディングは普通にしてくれますが、大晦日の晩のリーディングはひと味違った。。。。それまでは、どちらかとういうと娘が娘自身の守護天使のような存在に質問をすると答えが返ってくる感じでしたが、この時は、どちらかというとアカシック レコードからの情報が勝手に降りてくるようでした。

娘がお話してくれた内容は、私たち家族の未来のことでした。内容は、いつか皆様に公開する時が来ますが、今お伝えできるのは、私たちの未来の移住先の具体的な映像だったということです。どんな国で、どんな環境の中で生きているのか。庭や家の中の間取りや、家庭菜園で育てている野菜の種類など。赤かぶとジャガイモを沢山食べる、四季のある国であるということは公開しておきましょう。家の中の床の色、素材、ソファの配置、私が着ている服、娘が通う学校(日本人学校ではなく、インターナショナル スクールでした。「えー、まじー、わー 汗」という娘のつぶやきは聞き逃さなかったぞ 笑)など。

驚くことはありませんが、娘のリーディングの内容は、今までスクールの生徒さん達が私のオーラの中に見てきた情報と一致していました。そして、それらのリーディングをしてくださった生徒さん達と、年末年始にかけて連絡を取ること、関わることが多い。その方達も大きな転換期を迎えているようです。過去からの染み付いたパターンを断ち切ったり、新しいことを始めたり、今までだったら乗らなかったビッグチャンスに乗ってみたり。勇気と責任をもって決断して行動する肉体レベルの自分を冷静に見ている自分自身のハイヤーセルフとの繋がりを感じるそうです。

そう、自分を客観的に冷静に眺めることができる。

とても大切な感覚です。

私はその方達とお付き合いがありますので、皆さんの経てきた辛い時期を覚えています。どの人も、始めにお会いしたときより、自分の軸がはっきりしているし、人のせいにしないで、自分で自分の周りで起きている現象に責任を持って行動するようになっています。

娘や、生徒さん達に励まされ、助け合ってここまで来たなあ、と感慨深いものがある大晦日でした。

2018年は、娘の学校問題に親子で取り組んだ年でもありました。日本の教育現場の問題も肌身をもって経験しました。給食のない学校へ編入させ、お弁当作りがさぞかし大変だろうと想像していたところ、実際に毎朝早く起きてお弁当を作ることをやるり始めると、母親の愛情を、離れた子供に毎日直接伝える媒体であることに気づきました。面倒くさいものではなく、楽しいものであることがわかりました。そして、中学、高校と毎日お弁当を作ってくれた母への感謝の念が出ました。辛いイジメに合いながらも、頑張って自分を鼓舞しながら学校に通う9歳児の背中に、昔の自分が重なりました。私のような反骨精神に溢れたわけでもない気持ちの優しい娘が、あの状態で学校に通うことがどれだけ強い精神力を必要とするのかも気づきました。やられたらやり返す、見返す、という姿勢を持てる私の方が楽だったんだ。。。。やり返せない子が持つ芯の強さを初めて目の当たりにしました。

そして明けた元旦。

実家で親族の集まり。

昔から、私はこの親族の集まりが嫌いだった。自分がこの家族に生まれ落ちたことを何かに恨んだこともあった。でも、それは、正確には恨みというより悲しみだった。家族の絆や親からの愛情が感じられなかった。特に父親からの歪んだ愛情に、小さいころの私はどう対応していいのかわからなかった。

父親自身のインナーチャイルドの悲しみ、父親の両親の苦労、時代背景、日本の分化やしがらみを理解し、父親とのカルマの解消に本格的に取り組んで9年経った昨年の春先に、「その時」は来ました。「カルマを解消しないといけない」という思考から始まった私の浄化のワークは、ようやく、頭ではなく心で父親の人生を感じ、受け入れる時を迎え、終わりました。

それから、実家に帰るたびに父のエネルギーが軽くなっていました。父親に対する苦手意識は減り、ついに今年の元旦は、きちんと対面して座り、目を見て話すことができました。父のオーラやチャクラをみても、嫌なものを見ることは殆どありませんでした。むしろ、綺麗な愛のエネルギーが吹き出しているのを確認できました。ようやく、本当の父親を見ることができるまで自分は成長したのだと思います。

何年も「あなたの人生の大きな転換は、父親とのカルマの解消がなされたときに起きる」と自分のハイヤーセルフに言われ続けてきました。「とてもそんな日が来るとは思えない」と泣いた日は沢山ありましたが、コツコツとクリーニングを続けると、あら不思議!宇宙からのお題を修了できるのです。

元旦のあと、家に帰る身支度をしていると、足が悪くてなかなか歩けない父が、「これ持って行きなさい」とミカンを3つ奥の部屋から持ってきてくれました。歩行器がないと歩けない父のために、母が沢山積んだミカンがあるのでしょう。ちょっとしなびていましたが、私にはとても特別なミカンとなりました。味わっていただきました。
DN042527_photo01.jpg

2019年は、すごい年になる気がしてなりません!色んなことが起こりすぎていて、肉体をついて行かせるのでヒーヒー言っております。たまーに、オオボケかます講師で申し訳ありませんが、生徒さん、クライアントのみなさま、本年も宜しくおねがいいたします。

つれづれなるままに。。。, グルメ

マネジメントを学ぶ会

昨日はちょっと特別なワイン会やりました。世の中を本気で変えていこうと行動を起こしている人達が集まると、何かが生まれますね。1人ではできないことも、信頼しあえる人間が集まれば可能になる。今の日本を根本から変えるには、大きな大きな力が必要なんです。知性、権力、経済力、ネットワーク力、人間力など、全てを動員して加速的に動いていくこと。先ずは自分を満たすこと。シャンパンタワーの1番上を満たさないと、下のグラスには流れるものがありません。気持ちだけで下に与えていても、自分が枯渇していたら、下にあげられるのもに限りがあるし、上にいるのも辛くなる。上のグラスが自動的に満たされるような、そして下に豊かさを分配し続けられるような国にしたいですね。自分を満たす、幸せになる、そのうえで世の中を還元していく。帝王学を学び語れるワイン会ワインオープナーが壊れてまして。。。ステキな男性軍には助けていただきました。うん、やっぱり世の中は男性と女性が力を合わせていくのがいいですね!

つれづれなるままに。。。

深い深いところから

この2日間、夢でうなされることが続いています。

夢の中で、布団に入って、横に横たわっている知らない誰かに話しかけている自分がいます。「なんだかはわからないけど、気持ちが辛いんだ」と私は話してます。その後、その辛いものが何なのか知るために、胸に手を置いて、自分の中を探っていくのですが、それは奥深いところにあるようで、何なのかは全くわからないのです。

その後、ライオンが出てきたり、面識はないけれども有名な方が出てきたりして、夢の中で怖い思いをします。

これらの恐怖は、深層心理のなかにあるもので、幻想として夢の中でシーンが繰り広げられます。私が本当に怖いのは、ライオンでも、その人でもない。

怖い夢というのは殆ど見ないので、こう立て続けに来ると、ハイヤーセルフや宇宙からのサインだとは思います。

浄化の旅路はまだまだ続きます。いきている限り、私たちは酸化して、そして還元する。酸化のないところに還元はないのです。悲しみのないところに喜びがないのと一緒です。般若心経でも詠まれていることです。

自分の中にある、まだ癒されていない何かの正体は、私がそれを認知する「覚悟」ができた時にわかるはずです。きっと、それを体験した過去生なのか、今回の幼少期、私は辛すぎて胸の中に封印してしまったのでしょう。

こんな時は、人からいただいた愛情で癒します。

ハワイの方からいただいた手作りのハーブで水作り。

こちらはアラブのお土産のフランキンセンス。食べられます。ハッカみたいにスースーします。

有難いことです。

つれづれなるままに。。。,

タイガへ 1

ハバロフスクから車に3時間揺られて、ホド川というアムール川の支流のほとりにある村へ行きました。

まだハバロフスクは排気ガスが酷いですが、1時間くらいすると殆ど対向車は来ません。周りはのどかな田園風景というか、トウモロコシ畑と草原と、昔ながらの木でできた家などが並びます。20年前にハバロフスクに来た時には、こんな田舎までは来れませんでした。でも、今回はタイガへ行くことが目的だったし、20年も経てば自由も度胸も増すわけで^ – ^

一緒にいるロシア人の友達より実はワイルドな自分の本質がさらけ出る。笑笑 

インドに住んでいた時も、農村にいましたから。田舎は慣れてる。

アメリカでは森林保全の研究機関で働いていたので、木や緑というのはやっぱり自分の心と体が懐かしがるというか、しっくり来る。

そして、2時間くらい経ち、いよいよタイガの入り口に来て、ある瞬間から、空気が変わりました。ひんやりとする。そして、自分のハートチャクラが和らいでいくというか、開いていくというか、言葉で表すのは難しい感覚が起きます。森の電子の力だと思います。マイナスイオンといわれるものは、水に電子が乗ったもの。癒しのエネルギーです。

あー、タイガのエネルギーはこれなんだな、と体で感じる。アナスタシアの本の中で、ウラジミールさんも書いている、タイガの自然がもつ平和というか穏やかな安らぎのエネルギー。

森の中に入ると、リスとか鳥とかが姿を現します。ガタガタと車体を揺らしながら進んでいくと、ようやく到着。あらゆる電波からフリーな空間。自然しかない。


ここでは、蜂蜜を採ってます。上の箱は、蜂の巣箱ね。蜂に関してはまた次のブログで書こうと思います。

セルゲイさんが貸してくれたログハウス。セルゲイおじさんもかなり面白い人なんで、また登場します。
平和と愛の空間。心が穏やかになる。今までもいろんな国で自然を見てきたけれども、ここは特別だと思いました。何だか体が常に2センチほど浮いているような感じ、というか。生きていること、いま、ここにいることがとても自然に起こってるというか。

今日は、そんな雰囲気が写真から伝わるといいな

つれづれなるままに。。。, グルメ, ヒーリング講座☆ワークショップ, 動物 ペット ヒーリング, 子供とエネルギー

復活祭 イースター

今年のイースターは4/16

そもそもイースターとは、アングロサクソン族に伝わる春の女神Eostoreを讃えることに由来するらしいのですが、現在ではキリストの復活を祝う祭りとして広く知られています。生命のシンボルである卵や、多産を表すウサギの飾り物がよく使われますね。

紅茶スクールでは、イースターにちなんだお茶や手作りお菓子をいただきました!ふとカバンの中を見ると、すでに青い卵が。。。娘が密かにココタマを入れていたらしく、びっくり!子供は何かを感じる能力が高い。上の写真に載せてますよ。


この時期は水仙が咲きますよね。イースターは春を祝うので、ヨーロッパではその時期に沢山みられる黄色がイースターのテーブルコーディネイトでは1番使われるらしいです。聖母マリアのシンボルである百合を彷彿させます。


オレンジジュース、シロップを使った紅茶のウェルカムドリンクの作り方を習いました。グラデーション、スミレとのコントラストが美しい。


ウサギがぴょんぴょん。確かに、イギリスではですね、線路の横とかに茶色い野ウサギが沢山いるんですよ。ピーターラビットの世界。このケーキはバタフライ ケーキと呼ばれるもの。蝶の羽があるように見えますでしょう?

蝶は変容のシンボルでもありますから、復活祭にもふさわしいですね。


こちらは蜂がお湯に浸かってるティーバッグ。野外でピクニックやれば、甘い匂いにつられてフラフラ飛んでくることでしょう。

そして、私の周りは最近ディズニーばかりです。ハイヤーセルフにもツムツムやるように言われて、そこに出てくるキャラクターからメッセージをもらうし、劇団四季のアラジンの公演チケットがお得に買えるお話をいただいたり、そのチケットのご案内をいただいた日の社交ダンスのレッスンでは、始めのルンバでa while new worldの曲が流れるし(アラジンのテーマ曲)。紅茶の先生曰く、「イースター」で検索すると、はじめに出てくるのは復活祭ではなくディズニーランドの情報らしい。

ウサギ、卵、黄色、蝶やお花、ディズニー、スミレなどは、一年ちかくキーワードとして瞑想の中で、生徒さんのオーラ リーディングの練習台の中でも出て来ました。「恵さんの中にウサギが見える」「クマのプーがいます」などなど。来月の紅茶クラスはクマのプーもテーマで出てくるそうです 笑

スピリチュアルなことを積極的に学ぼうとしてから、このように毎日たくさんのシンボルやメッセージやシンクロが起きるようになりました。時には自分を信じることを挫折しそうになることもありましたが、自分の命を大切にしようとすること、自分に対して誠実であろうとすることで、必ずハイヤーセルフ、周りの仲間、天使達に助けられます。

今日は午後から透視のアドバンス コースです。いよいよ来月の卒業に向けて大詰めを迎えています。スクールに来られて、頑張ってアドバンスまで受講している皆さんは、ご自分が思っているよりも変化し輝いてきています。頑張ることは大切だと私は思います。頑張る自分を誇りに思えることは幸せのひとつです。蝶のように羽ばたいてください。

つれづれなるままに。。。, グルメ, 未分類

味覚や臭覚  劣等感が蒸発した

昨晩行ったワインと中華料理のマリアージュのイベントで、味覚やワインに関する貴重なお話をお伺いすることができました。私の今までの不要な偏見や自己卑下みたいなのがひとつ消えました←言葉にすると大げさなのですが。

 

 

ワインをたしなむ方はよく聞くと思われる言葉「マリアージュ」。フランス語のMarrriageからきています。「結婚」を意味しますが、タロットなどスピリチュアルな世界では「融合」という捉え方もします。2つ以上のものが混ざり合っていくということ。

 

 

で、ワインを学ぶとなると、外せないのがフランスのワインです。ワイン自体は地中海地域で産まれたと言われていますが、それを洗練させ、国を挙げて品質管理を厳しく行っているのがフランスです。私もワインスクールではお料理との相性を少しだけ勉強しました。私の場合、ワインが好きというより、美味しいお料理をより引き立たせてくれるもの、という感覚なので、しっかりお勉強されている方々とは全然違うレベルで書いてます。

 

 

ワインってオシャレなイメージあるけど、あれは農産物です。農業大国フランスが力を入れるのもわかります。天候を見極めながら、土も管理し、気を使いながら摘んで、そこからまた沢山の工程があります。ワイナリーの人達がとても誇りを持っていらっしゃる姿は時に感動することがありますよ。大きなリスクを背負いながらやっていくビジネスです。

 

 

で、話しをマリアージュに戻しますと。。。。フランス流のたしなみ方を基本的に習うことが多いわけですが、お料理と似たような味や香りのワインを組み合わせることが多いです。それは「マリアージュ」の定義のひとつとなっているそうです。ですから、例えばフォアグラにチェリー系のソースのときには赤ワインだし、チェリーなどの匂いに近いもので、ややしっかりしたボディーのものを合わせると思います。鳥のモモのさっぱりとしたグリルとかになるとまた別のワインになるし、甘いデザートと一緒ならデザートワインをつける。

 

 

などなど、ごく基本なのですが、そういうことを学びました。

 

 

はて、家にあるワイナリーを眺めてみるとですね、圧倒的にドイツワインが多く、しかも甘めが多いんですね。貴腐ワインとか好きです。ハンガリーのトカイとかも。同時に、スペインのものだったり、しっかり目のボルドーもあります。「ヒロミツさんはどんなワインがお好みですか?」って言われても、正直答えに困るんです 汗

 

 

何でも美味しくいただけます

 

 

嫌いなお酒はないです

 

 

組み合わせとかそんなに気にならなくて。。。。

 

 

だから、ロゼを注文することが多いかも(日本ではロゼの消費量が圧倒的に少ないからお店にないのが残念だ。フランスではロゼが一番の消費量らしいですよ)。PARAMITAのヒーリングスクールでも、一粒で三度美味しいテクニックを目指してますからね。

 

 

ええ、楽しく美味しく食べられればいいんです。。。なので、知識を取り入れてもアルコールの蒸発と共にシュワーっとアレです はははは

 

 

あと、チョコレート系のお菓子ならエスプレッソ、ガトーショコラならダブルエスプレッソだよね   というお話もよく耳にするのですが、私は重いお菓子になるとアメリカン頼んじゃうんですねー汗 お菓子が重いから飲み物は軽めで。。。。フランス的に言えば全然Marriageしてないですねー

 

 

ワインも、フィレ ステーキにチェコのやや甘口の赤ワインとかでもいっちゃいますから。醤油とワサビのソースでも。多分、ワイン通の方からしたらもったいない飲み方なのかもしれない。

 

 

でも、反対のもの入れてお口直し、的な要素が強いんだと思います、わたし。お口直しして、また美味しいフィレを改めて味わう  じゅるっ

 

 

実は、そんなことに、ちっぽけですが劣等感がありました。「マニュアル通りに味わえない私の舌や臭覚は音痴なんだろう。ソムリエとかには向いてないな」とか。大した悩みじゃないんですよー。でも、ずっと心のどこかにひっかかっていました。

 

 

昨日のワインとお料理コラボイベントは、私以外はワインスクールのお仲間達がずらーっといらっしゃいまして。マダムとミスター達がワインを楽しんでいらっしゃいましたよ。私は、ワイン販売業者のお兄さんとご一緒させていただきました。私のレベルにまで下げてお話していただきました。その中で印象的だったのは、フランスでのワインの飲み方とイタリア、スペインでは違う、ということ。フランスの場合、素材から調味料までそのワインに合わせたものにする、もしくは素材と調味料に合うワインを選ぶ。でも、イタリアやスペインだと、レモンとか何かちょっとしたものを足すことで、目の前にあるワインに合わせたりするらしいです。臨機応変といいますか、あまりこだわらないというか。。。。だから、赤身の肉だから赤ワインかロゼ、じゃなくて、白ワインといただくから酸味をレモンで足そう、みたいな。

 

 

うん、確かに。イタリアやスペインに行くと人の気質がそんな感じですよね。私は日本人のツラだけしていて、顔の下はそっちに近いんで納得しました!

 

 

そうよねー、その時その時で美味しければいいのよねー マニュアルなんて霊界には持っていかれないわ。「あー、美味しかったな。満足」っていう感覚は霊界にも持っていかれますよ♥

 
「じゃあ、質問です!地球上にあるワインの数は?35億!本能で生きてる?」←ブルゾンちえみ風 (注意、ワインの数は実際とは異なります)

 

つれづれなるままに。。。, ヒーリング講座☆ワークショップ, 未分類

まさかツムツムやドラえもんから学ぶとは。。。

ゲームはもともとあんまりやりません。先日沖縄で一緒に潜った方、マリア&ドルフィン タッチ ヒーリング(次回は6月開催ですよ♡)を最近習ってくださった方がツムツム好きでして。。。マリドルを受講された方の高度なテクニックは私は見ていて何だかわからなかったんですが、沖縄に行った方はそれを見ながら凄い!の連発。

「へー、ふーん」というくらいだった私なのですが、沖縄でダイビング1本目の朝、ツムツムで44444が出たよ!と興奮気味でお写真見せてもらったり、12階のホテルのレストランに蜂が1匹飛んできて、窓の外から挨拶してきたので(ええ、蜂には個人的に色々とございまして。。。)。何となくツムツムってものをやってみようということで、つい1週間ほど前からやってみてます。

楽しいですよー ふふふ

ツムツムをやり始めてから困ったことは、お客様を見ている時、自分でオーラをクリーニングしているときに、ツムツムの画面が目の前のスクリーンから消えないということ!ツムツムのキャラクターが色々と話してくるというか、何というか。これは困ったもんだ、と思っていたんですけど、ハイヤーセルフから「いや、そうじゃない。君は必然的にこれらの画像をみている」と何度も言われた気がしまして。しかし「いや、今回ばかりはゲームのやり過ぎってことでしょ!」とそのメッセージを頭から消し続けてたんですが、、、

どうやら、ハイヤーの言うことは正しいようで

⬆︎いつも生徒さん達にも言っているくせに、ついついハイヤーセルフを疑ってしまい、ごめんなさい |( ̄3 ̄)|

詳しくは書きませんが、とにかくツムツムのゲーム画面にてメッセージが降りてくるんです。ええ、色々と。お客様にわかりやすいように、ツムツムのことには触れずにお伝えすると「あー、そうなんです。それを知りたかったんです」とか「何十年も誰にも言えなかった悩みが今日解決しました」というような反応が。。。

そして、4/8のご先祖供養の後、ある方のオーラリーディングをさせて頂いた時に、ドラえもんとツムツムが沢山出てきました。ドラえもんは、少し先の未来からその方にメッセージをくれました。また、ツムツムはツムツムで、その方のご先祖のカルマの解消に関する情報をくれまして、あー、ツムツムを真面目にやってみようと思ったら。

ええ、きましたね。ドンピシャなキャラクターが出ましたね。私のスピリットがずっと過去世から抱えているあるテーマそのものをあらわすキャラクターが。名前も私のあだ名と一緒だし。何年か前からみている特定の画像と一致する内容のディズニーのお話のキャラクターです。

行動は早いので、さっそくそのキャラクターのレベルを上げまして、昨日はビデオを借りてきましたよ。映画の中で何度も自分の名前が呼ばれるので不思議な感覚でした。自分の先祖やスピリットを浄化し、なおかつ全ての現象の原因は自分の中にあるという責任を持ち、スピリチュアルなことに逃げることなく現実に足を根ざし生きていこうと思いました。

ワークショップでお伝えしたご先祖供養の儀式も家でやりましたよ。たまたまですが(あ、これも必然か。。。)娘が駄菓子屋で渋い和三盆のセットなんぞ手にしまして。30円のお菓子を3つまで!のはずが1つで720円(p_-) 「私ね、ママのおじいちゃん の おじいちゃんとかにも挨拶したいな」とか私は何も言わないのに発してまして、それをお供え物として購入。


儀式を行いましたよ。やっている間、自分の体の中に生命エネルギーが満ちてくるのがわかります。ご先祖様から、エネルギーで、ツムツムのプレゼントboxを手渡されました。中はまだ開けてないんですけど。何が入っているのかは多分知らなくていい気がするから。そのうちわかるから。

ふとみたら、お菓子がドラえもんの首の鈴にそっくりでしたよ(^^) ドラえもんも、ありがとう。

ご先祖供養ワークショップ、護身を強める儀式のワークショップは5/21に開催しますよ。

さて、今日はこれから横浜ですよ。以前知り合いからお借りしていた漫画の舞台が横浜でして。そのストーリーも「これ私の過去生ですか?」と突っ込みたくなる内容で。その漫画のお礼を用事ついでに横浜で買おうと思っていたんですよ。

はい、ここまで書いたところで丁度横浜駅に到着だ!