つれづれなるままに。。。, シュタイナー教育

豆豆しく

学校の家庭科の宿題で、料理をしてレポートする、というのがあるらしく。

娘がラザニアを作りたいというので教えました。

シュタイナー教育の要素も入れて。体験することで数学、数字、計算が身体に染みていく。

今の季節だから楽しめる生ピーナッツも入れてみた。

大好きなラザニアを作れるということで、豆豆しく働く娘ちゃん。

で、終わってから感想を家の人が書くんだけど、よく見ると「炒める料理」とあるんだけどな。

「炒める料理」なのかなぁ?って疑問だったけど、「炒める所があればいいんだ〜🎵」とニコニコ モグモグしながら言ってたけど、本当かなぁ?o(^_-)O

まあ、いっか

大好きなものを大好きな人と作って、一緒に「おいしいね」って言いながら食べる。

当たり前のように見えるこの幸せを、1回1回噛みしめながら、ママは食べるのですよ。

シュタイナー教育, 子供とエネルギー

ママ、あのね

小6もすぎれば、段々と悩みや壁もも増えるようで。

うちの娘も若いながら試行錯誤しています。

学校でのお友達付き合いや、勉強のこと。

ヒーラー のママを持ってるのは特権だぞ〜っていつも思うんですけど(子供には、必要な時に透視して、ヒーリングもしてあげてます)、そんなこと子供はわからないかな^_^

いや、逆かな。

子供を持ちながらヒーラー でいられたり、それを職業にしなくとも、エネルギーの世界に意識を向けて生きていることで、親の方が沢山のものをもらえる。

そう、そっちの方がスンナリくるかな。

今週火曜日あたりから、娘のチックが出ました。日に日に酷くなっていく。目の動きがおかしいんですよね。

私がシュタイナー教育の手仕事してたり、本を読んだり、楽しいことしてると、横に座ってポツポツ話してくれるんですよね、悩みを。

あとは寝るときかな。

お母さんがリラックスしてる。楽しく過ごしてる。ワクワクしている。そんな姿を見せてあげたいです。そうすれば、大人になることが嫌でなくなるかな。今を乗り越えられるかな。

昨晩は、夜遅くになりましたが、シュタイナーの分数学習のひとつのワークをやりました。

先生仲間が、トランスパレント ペーパーで作って、窓に飾って綺麗だったので、我が家もトランスパレント ペーパーでやりました。

こんなの小六の子がやるかな?楽しめるかな?と疑問だったんですけど、おー、侮るなかれ、折り紙ワーク。

鼻歌歌いながら、ルンルンで30分ほど取り組み、完成。

「小人のお家を作った」とのこと。

窓に貼って、朝見たら、光が入って気持ちが晴れましたー

で、娘のチックはなくなってました。

学校に行くのはまだ身体が許さないようで、遅刻になりましたが、これから元気に登校です。