シュタイナー教育, セッション体験☆報告談, 子供とエネルギー

シュタイナーの気質学

最近の透視のコースでは、自然界の4つの要素のヒーリングとシュタイナー教育の4気質を掛け合わせて教えています。

多血質、胆汁質、粘液質、憂鬱質。

私は多血と胆汁と憂鬱が強い子供でした。

娘は完全に粘液質。

はぁ、親子でも本当に性質が違うのはこのエレメントのせいだったのか!と納得です。

透視だけでなく、思考を使う分析も大切ですね。

今月の透視リーディングセッションのモニターさんには、このエレメントのリーディングが入ってますよ。詳細は公式ラインより先程流しましたが、こちらのブログでも6/6日以降に流します。

よろしくお願いします。

シュタイナー教育, 芸術, 動物 ペット ヒーリング, 子供とエネルギー

いたずら

「3匹じゃなくなってた件」
前に教えてもらって描いてた3匹の猫ちゃんが手袋をする英語の詩の絵。子供でも簡単に描けるこの単純さがいいんです。

久しぶりにノート開けたら誰かさんが落書きしてたよ^_^

腹巻付きの猫は日本らしい猫ですな。

ウサギとか、真ん中には青いあの子もいたり。お手手の丸い子も手袋はいるのだろうか。

とりあえず、賑やかです。

つれづれなるままに。。。, シュタイナー教育

浮遊霊さんから考える

7という数字

7×7は49

最近、透視リーディングのアドバンスコースに参加されている生徒さんのおうちの近くで投身自殺があったそうです。

なんとなく死なれる直前のことや、亡くなられた後の霊体のことなどが感じられて、自分やお部屋の浄化をどうしたら良いか、との相談を受けました。

クレアボヤント(透視能力を持つ者)としてできること、エネルギーを動かせるエネルギーワーカーとしてできること、その他、そういう能力を使わずとも簡単なできることなどをお伝えしました。

もちろん、厳密に言えば人間は皆んなクレアボヤントであり、エネルギーワーカーなんだけど。

ある儀式は49日くらいやってください、とお伝えしました。

何で49日?って思いますよね。

49日やらないといけない、とか効果がない、というわけではないのですが、先人達から伝わる数字には意味がある。人の思考が考えたものであっても意味がある。

私たちの肉体はオーラと呼ばれる卵型のエネルギー体と合体しています。肉体という物質とオーラという微細なエネルギー(しかし、オーラは非物質ではなく物質だと言えるでしょう)の組み合わせです。

そこに、本当の私である魂も合体しています。

難しいことは端折り、便宜上単純化した説明にしますが、このオーラというのは7層あり、各層に7色のエネルギーが存在すると言われています。

人が肉体を離れた時、7色×7層のオーラも肉体から離れます。

その各層が浄化されることを願って、49日かけて「成仏する」と昔の人は考えたのでしょう。

世界の様々な文化で、7や7の倍数は大切にされてきましたね。

ということで、7日でも、49日でもなんでも良いのですが、納得行くまで儀式をしていただければ良いかな、と思います。

さて、数年前に知人からいただいた本。日本や海外でシュタイナー教育に携わってきた彼からはいつも刺激を受けております。歳を重ねるごとに自由に、強く、しなやかに、楽しく過ごされている。

自分の人生を7年周期で考察することに関する本のようです。

読み終えたら、クラス内はもちろん、ネットでも学んだことをシェアしたいと思います。

28歳でインドに渡って人生変わりましたし、35歳では結婚に疑問を持ち始めたし、確かに、42歳からは加速的に必要なもの、欲しいものが手に入っている。

逆に不要なものは断捨離できている。

心が望んでいるものが、最も簡単に目の前にポンと用意されていく。

簡単に手に入るんだけど、そこからどうハンドルしていくか、っていう作業からはいつもチャレンジばかりですけどね^_^

今年はいよいよスピリチュアルはもちろん、教育事業もインターナショナルになりそうです。いや、なりますね。いや、そうします。

とにかく、突然チャンスが与えられる。で、いつもそれが自分のキャパを大幅に超えるものだというのは、私の魂の人生設計のようです( ̄▽ ̄)

負荷がちと大き過ぎですが、何とかなってるんですよね、これが。やっぱり、自分が超えられない壁は出てこないんだと思いますよ。

法律的なところ、税制など、超えないとけないハードルだけは相変わらず高いですが。。。

皆さんも、ちょっと自分の人生を7年区切りで振り返ってみてください。

シュタイナー教育, 神様, 動物 ペット ヒーリング

古事記

シュタイナーの国語教育て扱う古事記の勉強

古事記を原文で読むと、日本語の使い方を再勉強できます。

そんな事考えながら、ちょっと自転車で足を伸ばして田んぼへ。

リンガを思い起こさせる石が神々しいエネルギーに満ちていました。

豊作を願う人達が払う神々への敬意のエネルギー何でしょうね

林道を少し歩いて

蝶が遊びに来てくれました

すっかり仲良しになりました

シュタイナー教育, 未分類

心を整える

昨日、今日とシュタイナーのフォルメンを使って平仮名を子供達に指導するためのトレーニング

世の中のものは直線と曲線でできている。

あなたも わたしも 彼も 彼女も

リズムや色や音や体感で言葉を感じて、最後は自分のものにする。

今期の透視ヒーリング基本コースは今月からスタートですが、平仮名ではないですが、コースの中でフォルメンを学んでいただきます。

エネルギーの世界を体感して欲しいから。

思考でアレコレと考えを巡らせるのではなく、第六感で、多角的に高い位置から今の自分の環境を中立に見つめましょう。

透視やヒーリングの能力を開花する半年のスタートですね。

私もこの半年は激動の予感です^_^

本日は、にじみ絵もやりました

シュタイナー教育, 芸術, 子供とエネルギー

にじみ絵

シュタイナーの濡らし絵ワークを昨晩やってました。小学一年生の自分を想定して、ウルトラマリンにプルシアンブルーを少し加えて、青を作る。「幼稚園生の時よりちょっと大人な色だね」って、7歳の私が笑っていた。

昨日の私はこの黄色だったようだ。無限に広がることができるけど、1人で広がり続けるのは、もうお終い。対極にある存在を有り難く護ってもらい、優しさと調和の世界に住む時がきた。

色、動き、変化に、心の奥底にあったものが炙り出されました。

まるで生き物のように、人間のオーラのように、刻々と変化する。気づきの瞬間を見逃したくなければ、1秒の変化も見逃せない。

そう、1秒も見逃せない。

乾いてしまうと、別物になるから。それも、またそれで良い。

自分の気持ちに、ピッタリと寄り添い、観察し、受け入れ“続ける”ことを毎日意識して生きていきたいですね。

オーラを透視するアドバンスコースが開始したばかり。自分や人のオーラを、誠実に、敬意を持ってリーディングすることは、この濡らし絵のワークのように神聖なものです。

この3枚は、オラクルカード3枚引きをやってるようでした。今年の始めの3ヶ月の過ごし方が見えた。

思いがけないプレゼント

シュタイナー教育, セッション体験☆報告談, 芸術

永遠

お客様が薔薇色の人生を送るためのサポート的なイベントで、本日は6名の方の透視リーディングセッションをさせていただきました。

Atlantis Eastの田中さんとのコラボイベントです。毎回ほぼ満席。ありがとうございます。

今回のはすぐに枠が埋まってしまったため、1月に追加開催します。こちらも残席少なくなってきております。

http://lunacce.com/index.php?dispatch=products.view&product_id=504

さて、本日は、田中さんによるストーンのセッションの間は私はシュタイナー教育の算数教育の課題に取り組んでおりました。

子供たちに、アートや工作を通して、数字や図形の規則性や美しさをどう教えるのか、ということを、自分で実践して考えていきます。

これ、頭の体操になる。メビウスの輪もやってみたり↑上の写真はそれね。

それが終わったら、コンパスと定規とハサミを使い、パラパラと永遠にめくり続けられるものを作成。自分で幾何学模様を考えて、色鉛筆で塗ります。

お客様とお客様の間で、自分のエネルギーをリセットすることができました!アートの力ってすごいなぁ。

これをペロリンと真ん中からめくると、模様が変わります。

まためくると

で、まためくると

数学、図形を身体で感じていきます。

子供の心に戻れます。

透視をさせていただくようになって、沢山の方のオーラやアカシックレコードなどにアクセスし、必要な情報を引き出し、時にエネルギーを動かしてヒーリングしたり、としてきました。

人は、この紙遊びのようにクルクルと転生するんですよね。毎回毎回少しずつ絵柄が違う。でも、作り手の個性というものは出続けます。クルリと回せば柄は新しい柄は出てくるけど、裏側にはひとつ前の転生の柄が少し変化して存在している。

全ての転生の柄を持ち合わせて、今回も自分の個性で美しいものを作り上げようと試行錯誤できるのが人間です。

イベントの感想は、また明日書きますね!

つれづれなるままに。。。, シュタイナー教育

豆豆しく

学校の家庭科の宿題で、料理をしてレポートする、というのがあるらしく。

娘がラザニアを作りたいというので教えました。

シュタイナー教育の要素も入れて。体験することで数学、数字、計算が身体に染みていく。

今の季節だから楽しめる生ピーナッツも入れてみた。

大好きなラザニアを作れるということで、豆豆しく働く娘ちゃん。

で、終わってから感想を家の人が書くんだけど、よく見ると「炒める料理」とあるんだけどな。

「炒める料理」なのかなぁ?って疑問だったけど、「炒める所があればいいんだ〜🎵」とニコニコ モグモグしながら言ってたけど、本当かなぁ?o(^_-)O

まあ、いっか

大好きなものを大好きな人と作って、一緒に「おいしいね」って言いながら食べる。

当たり前のように見えるこの幸せを、1回1回噛みしめながら、ママは食べるのですよ。

シュタイナー教育, 子供とエネルギー

ママ、あのね

小6もすぎれば、段々と悩みや壁もも増えるようで。

うちの娘も若いながら試行錯誤しています。

学校でのお友達付き合いや、勉強のこと。

ヒーラー のママを持ってるのは特権だぞ〜っていつも思うんですけど(子供には、必要な時に透視して、ヒーリングもしてあげてます)、そんなこと子供はわからないかな^_^

いや、逆かな。

子供を持ちながらヒーラー でいられたり、それを職業にしなくとも、エネルギーの世界に意識を向けて生きていることで、親の方が沢山のものをもらえる。

そう、そっちの方がスンナリくるかな。

今週火曜日あたりから、娘のチックが出ました。日に日に酷くなっていく。目の動きがおかしいんですよね。

私がシュタイナー教育の手仕事してたり、本を読んだり、楽しいことしてると、横に座ってポツポツ話してくれるんですよね、悩みを。

あとは寝るときかな。

お母さんがリラックスしてる。楽しく過ごしてる。ワクワクしている。そんな姿を見せてあげたいです。そうすれば、大人になることが嫌でなくなるかな。今を乗り越えられるかな。

昨晩は、夜遅くになりましたが、シュタイナーの分数学習のひとつのワークをやりました。

先生仲間が、トランスパレント ペーパーで作って、窓に飾って綺麗だったので、我が家もトランスパレント ペーパーでやりました。

こんなの小六の子がやるかな?楽しめるかな?と疑問だったんですけど、おー、侮るなかれ、折り紙ワーク。

鼻歌歌いながら、ルンルンで30分ほど取り組み、完成。

「小人のお家を作った」とのこと。

窓に貼って、朝見たら、光が入って気持ちが晴れましたー

で、娘のチックはなくなってました。

学校に行くのはまだ身体が許さないようで、遅刻になりましたが、これから元気に登校です。