セッション体験☆報告談, ヒーリング講座☆ワークショップ, 女性 女性性

「奇跡の傍観者であること」

本日のアドバンスコースは賑やかでした〜 現役生と卒業生が混じってワイワイ練習して、午後はモニターさんを3名お迎え。昨日のモニターさんに引き続き、奇跡的な組み合わせもありました。

モニターさんをどのヒーラーが担当するのかは講師の私が判断します。モニターさんがいらっしゃる前からすでにハイヤーセルフから指令が来ます。「この生徒さんと、このモニターさんを組み合わせて」とか。講師的には、「えー、でも、次はこの生徒さんがこの担当の方が良くないかな?」と思考が回るのですが、私はいつもハイヤーセルフのアドバイスに従います。どんなにチャレンジングな課題を出してこようが、やります。

昨日も起きたけど、今日も起きた奇跡は、組み合わせたヒーラーとモニターさんが、同じ町に住んでいた!ということ。昨日なんて、趣味が農業である点も共通してて、今度はタネの交換をしましょう、なんて話が進んでました。

またあるモニターさんは、今日はやる気を出すためにモニターに応募してくださったらしいのですが、担当した生徒さんがメモ帳としてお渡しした紙が「やる気スイッチ」のものでして^_^ モニターさんも生徒さんもビックリされてました。ハイヤーセルフに言われた組み合わせに間違いはないのだ〜

モニターの皆様、また、私やPARAMITAヒーリング スクールの卒業生のセッションを取ってくださるお客様、いつもありがとうございます。皆様のおかげで、短期間でこれだけのクオリティーのヒーラーを生み出せていることを理解しています。

完璧になってからやる、のではなく、安全な環境の中で実践してこそ実力がつきます。

個人情報のため、セッションの内容、セッションで起きること、セッション後の変化などはネット上で公開できることはごくごく限られております。

10年間、生で人が変化していく瞬間、決断していく強さを目の当たりにしてきました。有難いことです。本やネットからの知識ではなく、体当たりでの生の経験が自分や生徒さんを成長させてくれました。

さあ、そろそろ、次のステージに進もうかな、と頂いた差し入れをモグモグしながら考えてます^_^

その後は夕方から、オーラリーディングの個人セッションを2件。初めて来てくださる方でした。とても素直な方々でしたので、明晰性の高い情報がバンバン降りてくるので、怖いくらいだったみたいです。「なんでわかるんですか?えー、なんでー」と連発されてました。笑っちゃうくらい明確な指示をハイヤーセルフが出してくれました。女は40代から更に強く、しなやかに、賢く、優しく生きていくんだなぁ、とオーラを拝見して感動。

グルメ, ヒーリング講座☆ワークショップ, 女性 女性性

イブの日には

昨年に続き、今年もクリスマスパーティーで開けちゃいました。

どのパーティーに持っていっても喜ばれるこのインパクトあるボトルとお味!

この季節は、緑と赤と沢山の光が毎日を彩ってくれますね。子供達は毎朝アドベントを開けるのを楽しみに元気に起きてくれるから、世の中のママ達には嬉しい季節かも😆

日本では商業的な扱いのクリスマスですが、ご興味ある方は今一度キリストの誕生のストーリーを読み返してみるのも良いと思います。

聖母マリア、特に今年は沢山護っていただきました。来年から始まるマリア&ドルフィン タッチ ヒーリングの講師養成講座も見守ってくださいね。

グルメ, 瞑想クラス, 女性 女性性, 子供とエネルギー, 未分類

今年最後の瞑想会

師走となりました。沢山の実りのある年となりました!そんなことを考えていると、クリスマスという家族の時間が愛おしくなり、ロシアのブリヌイ を娘と作ることに。

本場のブリヌイに近づけるために、今回はイースト、ヨーグルトを加えてみたら、モチモチになりました。

ブリヌイ は、まんまるお月さまの形をしていて、優しい味です。

大切にとっておいたコルシカ産のオーガニックの柑橘系ジャムを開け、ブルーベリーのジャムというよりはソースに近いもの(これもロシアで手作りのをよく食べさせてもらいました。ブルーベリーではなくて他のベリーでした)、カッテージチーズ、蜂蜜、ハム、ピクルスなどと食べました。食器はホホロマと呼ばれるロシアの伝統工芸品です。もう15年近く使っているものもあります。

テーブルクロスは、今年ゲットしたドイツのクロスステッチのものです。

娘には、温かくて、いつでも駆け込んでこれる家を作ってあげたいです。

来年は娘を連れて、あの豪華客船ボイジャー号のクルーズに行くことにしました!いろんな国籍の人と船で交流させます。刺激を沢山得て欲しいし、沢山苦労もして欲しい。

世界は広い!本当にいろんな生き方がある。偉くならなくていいけど、いつでもチャレンジして、今の自分を越えようとする意気込みと熱意を持ち、楽しく生きて欲しい。知恵と愛と勇気のある子に育って欲しい。それさえあれば大丈夫。

日本を飛び出していかれる力を養ってあげたいです。

ママはいつでも笑顔で迎えてサポートする覚悟は出来てます。顔だけまん丸にならないように気をつけます^_^

さて、今年最後の瞑想会は12/11となります。1年の浄化をし、来年に備えましょう!

お気付きの方もいると思いますが、世の中はどんどん二極化していきます。特に経済。貧富の差は広がり、これから数年後、日本は驚くべき状況になっているでしょう。その時に笑って、家族や友達を支えるだけの経済力を作っておきましょう。お金は愛情です。瞑想会では仕事や経済の面のブロックも外します。

ヒーリング講座☆ワークショップ, 動物 ペット ヒーリング, 女性 女性性, 子供とエネルギー

マリアとイルカからのサポート

母親との関係性がテーマだった生徒さんからの嬉しい報告。Yさんは数年前に透視ヒーリングのクラスのモニターとして初めてお越しくださいました。良い子でないといけない、といお母様からの強いプログラミングがあり、ご本人も自覚されていました。

お子さんたちをとても大切にするYさんだからこそ、お母様とご自分の関係性を直視するのはなかなか勇気のいることだったと思います。母親も不完全な人間であり、子供に対して完璧を求めたり、時に自分のことで頭がいっぱいで子供に愛情を注げないこともある。母親の人間らしい不完全さを受け入れるのが辛いこともあります。

Aさんは、その後マリア&ドルフィン タッチ ヒーリングを以前受けてくださったのですが、子育てにに忙しく、殆ど使えてなかったらしいのです。それで、復習したい、とスクールに練習しにきたのですが、たしかに、使わないナイフの切れ味が悪くなるように、ヒーリングの力が落ちていました。

それを指摘されて落ち込んだYさんですが、その気持ちをバネに、本気で毎日周りの人に遠隔ヒーリング、直接ヒーリングをやり始めました。

そうしたら、なんと、お母様が「なんか、ヒーリング受けてから調子が良い。お金を払うからやって」とお話しくださったそうです!Yさんに、きちんとお金という形で感謝の気持ちを表してくれたのはお母様でした。

なにかの行動に対して、それに割いた時間に対してお金で感謝を伝えるのは大切な行為です。特にヒーリングはそれなりの技術と自己管理が必要なのですから。

お母様のその愛情に私は感動してしまいました^_^

マリドルは、10月と11月、東京と大阪で2回開催しますよ。

インド舞踊カタック, ヒーリング講座☆ワークショップ, 女性 女性性, 子供とエネルギー

ハートを癒す

栗原さんとのワークショップ。「灯(ともしび)の狭間から 〜水彩画でハートを癒す〜」。自分と繋がる、解放する、自分や他者を信頼する、ということをシュタイナー教育で実践されている滲み絵や、遊びや、スーフィーの詩人ルーミーの詩やインド舞踊を混ぜて私たちなりにアレンジして提供しました。

高校生の子もお母さんと一緒に参加してくれました。今回の開催の目的の中には親子関係の改善や、インナーチャイルドの癒し、母親の愛や子宮の力を感じることもありました。娘さんは、初めて受けたリーディングを喜んでくださいました。どこか大人よりも大人のような15歳。飾ることもなく、自分を過大に見せようともしない謙虚で素直なエネルギー。大人になると「私はもう大丈夫です。何でもわかってます」というふりをしたり、そうすることがプログラミングされてしまっていることもあります。己を直視する。これは、勇気のいることです。

栗原さんの素話や、歌いながらのワークも素敵でしたね。「こういうのは何十年ぶりに聞きました」「輪になって動く時涙が出そうになりました」「小さい時、人と絵の描き方が違くて、頭がおかしいんだと周りに言われていたことを思い出した」「小さい時は、両親が厳しくて。。。嫌いな習い事ばかりやらされた。でも、不思議と油絵だけは楽しかった。白いカンバスの中に自由を見出していたことを思い出した」などご感想いただきました。それぞれの人が何かを感じて、心の奥に宿る火を大切にしていってくださることを願います。良いとか悪いとか、ジャッジを超えた世界をもう一度心に取り戻しましょう。

栗原さんとは、準備の段階から楽しく練りまして、今日を迎えて、やはり開催して良かったと心から思いました。

子供を幸せにしたければ、心身ともに健康に育てたければ、まずは大人がそうあることです。自分のことを置いておいて子供の環境だけを変えることはできません。大人になっても安心して心を開いて学び続けることができる場所を今後も提供していきたいと思います。

ワークショップでは、沢山の奇跡がありました。最高なのがこれ!描いたあと、乾かす時間とスペースがなかったので、栗原さんが新聞紙に挟んで、丸めておいてくださいました。後で開けてみたら大変身!

娘の顔、頭、首、肩が浮かび上がって見えます。娘が好きな青い色でハートに囲まれているのも見えます。

娘は4月からシュタイナー教育に触れてます。大人にとってもチャレンジでした!なぜならば、私たちもより高いレベルまでシフトせざるを得ないからです。ライフスタイル、価値観、言動を変えます。

子供は、母親のお腹に、両親を助けてガイドするために降りてきます。彼らは神からの贈り物です。そう、あなた自身もそんな贈り物なのです。

今日のワークショップの中にも出てきた詩をひとつ。私も娘に望むことはこれ。若いうちに自分が無限の可能性を秘めた永遠の存在なのだということを体感するということ。そうしたら、その後どんな波が来ようとも乗り越えられます。

「お日様が顔を出し

暗闇を照らす

金色に輝く朝の光よ

私の心に小さな灯がともる

誰にも消せない 灯となれ」

女性 女性性, 子供とエネルギー

「ありがとう」3回から

最近多い個人セッションの内容は、シングル マザーで子供2人、3人育てている40代、50代の女性です。彼女たちには経済的な力がないだけ。でも、経済力がないことが、すべてをストップさせる。借金返済のために身売りする方もいます。「私はいま戦後の日本にいるのか?」と一瞬頭がクラクラします。

DV受けて命からがら逃げてきた人もいて、トラウマ的な過去の経験を夢で見るのが怖いから寝られない人もいます。でも、朝になると重たい体引きずってアルバイトをはしごします。

そして、大体において、彼女たちの1番の悩みは子供なんです。お金がなくて学校に行かれなかったり、重度の障害を持っていたり、母親が暴力を受ける光景を見ていたために人間不信に陥って引きこもりになったり。

「この子が自立できるようになって欲しい。最低限の教育を受けさせて、就職させたい」とお母さんたちは言います。でも、働くために時間と体力を奪われるから、子供と向き合う時間もとれない。そこで子供は母親に対しても心を閉ざしたり、「迷惑かけられない」と元気なふりをしてします。就職しても周りとうまくコミュニケーションが取れずに仕事が長続きしない子が出てきます。

母親たちが自分自身を経済的に満たすことができたら、負の連鎖を食い止められるのに。

日本は「貧困国」路線まっしぐらだな、と感じます。富裕層と貧しい層の差がこれから更に大きくなります。質の悪い食べものが無駄に作られ捨てられ、ハロウィンだのイースターだのイベントを盛り上げて消費させようとする企業戦略に踊らされる国民。

もう、とっくに経済的には「貧しい」国なんです。

ポジティブ シンキングで行こう!というビジネス セミナー系の文句に、私は悲しさを感じます。もちろん、前向きな思考は大切です!でも、まず、現実を見ようよ。私たちが「経済成長」で失ったもの、計画通りに進まなかったもの、忘れてしまった本当に大切なものがあるよね?

今の子供に1番与えたいのは生きる希望かな。薬品漬けの惣菜パンじゃなくて、太陽のように笑うお母さんやお父さんやお婆ちゃんが作ってくれるご飯やお弁当を食べて欲しい。「僕もこんな大人になりたい」って思わせるような希望に満ちた大人の姿を見せたい。親がいなくても、安心して帰れる場所があり、社会に居場所を見つけて欲しい。

人はそう弱くないです。生きるために生まれてきてますから。弱くないから、死ねないんです。そう簡単には死にません。「死ぬことができなくて辛い」と口にする大人がどれだけ多いことか。

楽しく生きましょう。毎日知らない人に3回は心をこめて 「ありがとう」「おはよう」を言いましょう。小さなところから、気持ちから変えていけば、経済も動きます。

「これからの」子供たちへの支援も大切だけど、それは多分焼け石に水。「いまの」大人が変わること、社会を変えることをまずやりたいな、と思います。

グルメ, 女性 女性性, 子供とエネルギー

姫と

ヒルトンのマリーアントワネットの企画行きました。
行く前に色々とありまして。

2年生の時から続いている、特定の女の子達にコソコソ見た目のことを言われて笑われるっていうパターン。一昨日は娘にも限界が来たようで、泣いて帰って来ました。昨日は特別休暇にしまして、2人でヘアカットに行って来ました。「あたし、髪の毛切りたいの!」と、あんなに切りたがらなかった子が発言。嫌なものはバッサリと!

他の子のコソコソと悪口言ったり嫌がらせているのはいつの世も変わらない女子の性質なのだろうか。。。こらこら、そんなことしてると、可愛くならないぞ〜

同じサロンなんだけど、私は女性のスタイリストさん。その横で、娘はイケメン店長が担当。えー、2000円であのシビれる声聞きながら小学生が。。。

ハルピーはご機嫌です。単純やな!(´∀`*)

そして、ママが学んだこと。指名料400円はケチるもんじゃありませんな!

本日は元気に登校して行きました