セッション体験☆報告談, 女性 女性性

綴る

本日もAtlantis Eastにて、田中さんとのコラボ。

リピーター様のシフトぶりにこちらがビックリすることもあれば、新しいお客様のエネルギーをワクワクしながら見させていただいたり。

透視リーディングのセッションは、生き物。私たちのオーラも生き物。

常に進化するのが人間。

先ほどお越しくださったお客様は、初めてお会いする方でした。「自分が感謝するべき存在を知りたい」と。

何かに守られていることを常に感じているそうです。

感謝の気持ちを持ち続けることは、人を美しくさせますね。

大天使ガブリエルから、執筆に関する具体的なアドバイスが降りてきましたのでお伝えいたしました。

彼女の心が紡ぎ出す文章が公開されるのが楽しみです

女性 女性性

豊かさとは

とある方とお茶してきました。

もっと豊かに楽しく生きたいという願いを叶えるための金融の知識を差し上げてきました。

労働をし続けるという考え方をやめないといけないのです。

働かないとお金が入らない、という日本では当たり前の概念は、特にヨーロッパやアラブなどのでは驚きの考え方なのです。

お金に働いてもらわないと、いつまでも時間と体力を消費ばかりして、自分がすり減ってしまいます。金融のリテラシーを若いうちに培うことと、リスクのない運用をしましょう。時間を味方につけるのです。

約2時間、お話しをさせていただき、最後にはこの方のビジネスの成功のアドバイスをデモンストレーション付きで差し上げました^_^

絶対真似して欲しい!

つれづれなるままに。。。, 女性 女性性

福島の卒業生から

あの日、東京ビッグサイトで開かれる癒しフェアのブースで、一日中お客様の透視リーディングセッションをしていた。全くもって無名の、会場のメインエリアから外れた私のブースに、2時間待ちの行列ができていた。1日目に立ち寄ってくれた方々の口コミのおかげだった。

主催者やら業界の関係者たちも覗きにきて、ビジネスチャンスを狙って連絡先を置いていく人がいたが、当の本人は肉眼を護るために目を瞑り続けて第3の目で見ていくため、挨拶など殆どできない。

ご存知の方は分かると思うけど、私は滅多にコラボレーションはしないし、広告宣伝も打たない。信頼できる方とだけコラボする(あ、来月は、またまたストーンリンクの田中さんとコラボします。zoomでの遠隔セッションも可能。イベントながら、落ち着いてセッションを受けていただけます。詳細は後ほど)。

動物園の見せ物のような状態だったと思う。

予想もしない状況の中で、周りからの好奇と嫉妬のエネルギーの中で、とにかくお一人15分で必要な情報をその方のオーラ、ハイヤーセルフ、アカシックレコード、ご先祖様やら精霊やら大急ぎでかき集めて、早口でリーディングしていく。同時にヒーリングもしていく。

大量に自分のオーラの中に入ってくる目の前のお客様のエネルギー以外のものを排除しながらのセッション。

いやはや、個人セッションの落ち着いた雰囲気とは全くの別物になるのが、こういう大きなイベントでのセッションだ。

当時、1番「流行って」いたのが恋愛相談で、その次が親子関係、仕事。トランスジェンダーのお客様からは、「なぜ今生で自分がトランスジェンダーとして生きていくことになったのかを知りたい。過去生から何かヒントは得られるか?」というものもあった。

閉店時間を過ぎる直前くらいに、セッションとセッションの合間に目を開けた時に、他の人をかき分けて質問しに来たのが彼女だった。そう、彼女はここぞという時にチャンスを逃さない人。本能が働くんですよね。

「もう今から並んでも見てもらえないから良いんだけど、透視って先生の所で習えば誰でもできるようになるの?」と。

キチンとお返事する時間が取れなかったと思うのだが、とりあえず、人格を磨くこと、人にも自分にも誠実であることと、危険な薬物を摂取しないこと、精神科の薬の服用がないこと、真面目に課題に取り組めることができれば誰でも透視とヒーリングができるように指導できるので、「できますよ」と答えたと思う。

「ちょっと横でセッション見ててもいい?」と聞かれたので、「プライバシーがあるのと(とはいえ、イベントだから、完璧なプライバシーは確保できないんだけど)、お客様のオーラの情報と混ざってしまうのでご遠慮いただいてる」とお答えした。「あ、そうなのね。わかりました」と去られた。

そのまま次のお客様を対応。目を開ける暇がない。

ただ、左側から何か熱いものを感じていた。

ふと左側に目をやると、彼女が少し遠くでしゃがみながら、じっとこちらを見ていた。

熱いのは食い入るように見る彼女の視線と好奇心だった。

パッと一目を引く綺麗な顔立ちと、華やかで力強い個性のあるオーラを持っている方でだった。一度会ったら忘れられない魅力のある方で、のちに、自分で事業を展開して、成功している方だと知った。

それから暫くして、PARAMITAの透視ヒーリングコースにお申込みしてくれた。ほぼ毎週、福島から新幹線で渋谷まで通ってきた。空っぽのスーツケースを持ってきていた。福島では手に入らない食材を買い込んで、新しいレシピの考案をするのだという。とてもクリエイティブなアーティストの顔も持っていた。

年齢を重ね、経験を積んだ女性が放つ優しさと余裕と包容力がある。40代を過ぎた女性が持つ若さでは敵わない価値が滲み出る人。

彼女は無事卒業して、直ぐにプロのヒーラー として活躍されている。

良い先生、講師というのは、生徒を自立させ、経済的にも成功することをサポート出来ることだと思ってる。「私の生徒です、うちのスクールの卒業生です」とか「うちのやり方だけでやらないといけない」「流派だ何だ」といつまでも縛ることはない。遡ることが出来ないほど遠い昔から伝えられてきた著作権などを超えた大切なものを尊重し、人として基本的なルールを守ってさえもらえば、自由に活動し、成功していっていい。

芸術の世界に入った20代のころから、そこは自分でも譲れないものがある。カタチとルールで縛ることで、本当の自由(もちろん、責任を伴うわけだ)を得られなくなるようになっては元も子もない。

スクールでは、ここだけは護って欲しいというものは提示するし、その理由も伝えている。護れない人は残念ながら途中で辞めていただくしかない。

さて、彼女は、透視リーディングとヒーリングを仕事にするという明確な目標があり、卒業する頃からセッション料金をいくらにするべきかについて質問してきていた。お金はもちろんだが、それ以上にかけたものが自分の時間と自己浄化の努力。これは、まさにvaluelessで価値がつけられないものだ。

セッションをする時には、きちんと料金を取るように全ての生徒さんにお伝えしている。ボランティアや安価で提供する性質のものではないから。

「でも、先生、福島ではお金はそんなに取れない。皆んな震災でお金も物も仕事も失ってる。亡くなった家族からのメッセージが欲しい人、これからどうやって生きていけばいいのかをセッションで知りたい人が沢山私の所に来るの。やっぱり助けてあげたい。」と。福島プライスで良いからセッションをしていくという結論になった。

彼女のような優しい人ほど、対価を取らないといけないと思う。お茶しながらちょっとリーディングしてアドバイスくださいという要望には応えてはだめだよ、と伝えた。他者の聖域であるオーラや身体の細胞を透視をして、エネルギーも動かすのだから。我々も気軽にはできない。セッションのために、日々、自己管理をしている。

毎年3.11になると、彼女、元気かな?と気になる。

先日の大きめの地震が来た時、久しぶりに連絡を取ったら、コロナで本業が続けられなくなった、と返事が来た。そして、今はスピリチュアルなことだけで収入を得ている、と。手に技術があって良かった、と話してくれた。今は遠隔で多くのことができてしまうので、場所代も要らなくなった。

女性が経済的な力をつけていくことは、日本という国の存続のためになくてはならないこと。会社に頼る時代は終わり、その身ひとつでどこでも、何歳でもできる技術があることは心強いし、実際に自分自身の生存の助けになる。

女性は一度に多くのことをこなすことができる。妊娠、出産、子育て、家事、仕事、マルチタスクができるように脳が設定されている気がする。だから、多次元を行き来したり、画像を解釈して分かりやすい言葉に置き換えて発言したり、相手の話を聞いたり、相手の思考を想像したり、エネルギーを動かしたり、、、と忙しい作業もこなせる。

もちろん、男性にその能力がないわけではない。男性でも右脳の働きが豊かな人は沢山いる。しかも、この数年でそういう男性が増えている。男性本来の直線的な瞬発力と力強さがそこに加わることで、更に良いワークができる。

女性が男性の優れた所を自らの中に見出し、育む時代でもある。

彼女は今日も、自分を大切にしつつ、強さとクリエイティビティと行動力をもって、家族やお客様など周りの人を支える存在でいるんだろうなぁ。

女性 女性性,

薬剤師からのアドバイス


私が無性に好きなもの⇨ホメオパシー、ハーブ酒、石鹸、オイル、など自然の力を使って作られたもの。そして、それらを包む繊細な容器や紙やらデザイン性のあるパッケージ。

中身も好きなんですけど、それを美しく包むものも好き。和紙とかも。

とにもかくにも、昔から、理科の実験で使われるような道具が好きなんです。

イタリアの古い薬局のSanta María Novellaの製品に出会ってから、本当に、目覚めてしまい、フィレンツェの本店まで行ってしまった。その名前の修道院で薬草を使った薬や飲み物や日用品などが作られてます。修道院前のホテルの重厚な緑のカーテンや繊細なガラスコップ。

ダビンチとも過去で面識があるので、ダビンチが生まれた村にも行き、ワインとジビエ飲んで、ダビンチの生家にも行きました。あれも、何か目に見えないものにガイドされながら過去を心地よく回想する旅だったなぁ

それらに囲まれているととても落ち着く。こういうのに囲まれてるのがしっくりくる。しかも、できれば使うだけでなく、調合とかする方にまわりたい、みたいな^_^

今年はフランスのBulyに出会い、いま、ハマってます。この緑の大理石のデザインのパッケージに美しいカリグラフィー。丁寧にアナログなやり方で心を込めてお客様に唯一無二のものをお届けする感じがいい。

先週、自分のオーラの中にある、フランスの過去生の映像が走馬灯のように流れていきました。

1800年代だと思います。私は女性の薬剤師でした。息子がいました。当時にしては珍しく、専門性と収入を持つ自立した女性でした。当時の夫は、裕福な人で、なに不自由しない生活を私と息子に保証してくれていましたが、私は別れて息子と生きて行こうと思ってました。

自立、開放、本来持つ男性とはまた違う性質を活かすことが当時の私の魂の目的でした。

正式な離婚という形は取らなかったかもしれませんが、私は夫の元を離れて住むようになりました。

誰かに絵を描いてもらったらしく、肖像画か出てきました。

私が日の光のさす薬局の木のデスクやカウンターで誇りを持ち、働き、子供を育て、満ち足りた人生を送っている様子が伝わる絵でした。青いやや厚みのある生地の服を着ています。

沢山のガラス瓶に囲まれてました。中には、当時は貴重だったであろう薬が入ってるのです。粉物もあれば液体もある。お客様一人一人に合う製品を選んでます。

薬だけでなく、お化粧品などもあります。

ディスプレイでは、(本当にあるのかわからないのですが)緑の大理石の枠にガラスがはめられたショーケース。

あー、だから、このBulyのパッケージが大好きなんだ。。。私も当時、ペンとインクで文字を書いてお客様に渡していた。自分のこと、仕事、自分の日常を囲む物が好きだったんだなぁ。

なんか、納得。

一昨日もスクールのモニターさんを透視していると、「この方は、このハーブティーを飲むと良い」とかフッと頭に浮かぶんですよね。

透視を求められることが多いんですが、実は私はヒーリングが1番得意です。身体の不調にはこのエネルギーをこんな風に入れるのが良い、こうエネルギーを動かす、とか、そういうのが得意。

なので、薬とかハーブとかホメオパシーとかオーラソーマボトルとかの情報をお伝えすることが多いんだけど、昔薬剤だった人からアドバイス受けてるって思ってください^_^

貴方が無性に好きなもの、何ですか?

セッション体験☆報告談, 神様, 女性 女性性

愛を振りまいていいのです

小さい頃、学生時代に周りに馴染めなかったとか、自分の容姿や能力に自信を持てなくなるようなことを言われた、という経験を持つ人は結構いますよね。

それは、のちの大人になってからの自分の人格形成や人付き合い、言動にとても大きな影響を与えます。

例えば、「あなたはのろまだ」とか、「自分勝手だとか」(子供って、みんな自分勝手というか、思ったまま、感じたままに生きてるものなんですけどね)、「スタイルが悪い」とか、「考え方が変わってておかしい」とか。

そして、いつの間にかそれらの他者からの言葉が自分の中に刷り込まれてしまうんです。

潜在意識の奥深いところで、自分を否定する自分が出来上がってしまう。

そうすると、会社員になってからも、結婚してからも、どこかおどおどしていたり、周りに迷惑をかけない「良い子」であることにエネルギーを使ってしまったりして、疲れてしまう。

どう生きたいのか、自分が何をしたいのかを探求する方向に行けなくなります。中にはストレスで、心や体のバランスを崩す場合もあります。

10月10日のPARAMITAの透視ヒーリング基本コースでは、そんな、周りからの評価で自分に自信を失っていらっしゃる方がモニターにご応募くださいました。

現役生、サポート講師の方と一緒に、私もセッションに参加させていただきました。

身体の方の透視をして、ご病気を経験された部位を集中的に見ていき、エネルギーヒーリングをしていきました。病は気から、という言葉通り、気の流れの滞りから物理的な症状が出ることもあるので、PARAMITAでは、リーディングと同時にヒーリングもしていきます。

沢山差し上げた情報の中でも、今回のお客様のポイントは、「周りに否定され続けた自分の本質を良しとする」「女性として最高に幸せな人生を送ることを求めて良い」ということでした。

魂の性質や目的を拝見しているヒーラー からの言葉に納得されているのがわかりました。

とにかく、本質として、人のために役立つことを常に大切にする魂なのです。かと言って、自分を犠牲にするのではなく、与える者に必要な自分自身を満たす力も同等にお持ちです。

本来は、男性性と女性性を非常にバランスよくお持ちの方だとお見受けいたしました。レムリア大陸の過去生のエネルギーを今生も強くお持ちです。

ところが、学生時代に、容姿のことで人にからかわれたりするうちに自信をなくしてしまったそうなのです。

当時のエネルギーを生徒さん達が透視して、エネルギーヒーリングをしました。

また、自分軸がない、という周りからの指摘もご本人を傷つけることに。周りを優先してしまい、自分がまるで軸のない人間ようで、自信がないとのこと。

サポート講師の里恵子さんが、魂の目的のリーディングの中で、彼女の本来の魂の性質(自分だけでなく、世の中全体がどうすれば良くなるのか、を、常に頭に入れて行動する魂です)をリーディングし、力強く、「あなたのハイヤーセルフは、あなたはそのままで良いと話してます。優しくあり、皆んなが平和に幸せになるために自分は何ができるのかということを考えるのは悪いことではなく、むしろそれがあなたらしい生き方なのです」とお伝えしたら、モニターさんのお顔もオーラもパッと輝きました!

「それを聞けて、本当に良かった。そうですよね、それで良いですよね」と^_^

私もリーディングさせていただきましたが、すぐに編み棒と網掛けの何かが出てきたのでお伝えしたら、「先日編み物したばかりです!」と。

このモニターさんは、人のために、家族のために母なる愛を込めて手仕事をするのがお好きなんですね。特に、自分のお子さんに、手作りのものを作ってあげたい、という願望と人生設計をお持ちです。

お伝えすると、「でも、病気をし、手術をし、子供は授かれない気がして」と。

ですが、モニターさんのオーラの中にはしっかりと、将来お子さんを持つ可能性の映像がありました。ハイヤーセルフも、「希望を持つこと」とアドバイスをくれました。

そう、希望を持つって、本当に、本当に大切なことなんです。

最後はヨガの先生をされている受講生のYさんが、オーラとチャクラのヒーリングを行いました。

物事を成功させるより、希望を見つけてしんどい時期を耐え忍ぶことが、私たちを成長させ、心に美しさと強さを生み出します。

それは、やがて、慈悲に変わります。

諦めるのはまだ早い❣️希望を持って進んでください❣️

信じることで、不可能が可能になってしまうミラクルを10年以上私は見続け、自分も実現してきました。どん底にいる、光のない暗闇の中をたった1人で歩いているときも、あなたのハイヤーセルフ、ご先祖、宇宙や神や高次の愛ある存在はあなたを見守っています。

本当に、そうなんです。

素敵なご結婚、出産、お仕事の充実、健康、すべてを貪欲に手に入れていきましょう。

モニター募集、今月、残りのひと枠は24日にございます。

セッションモニター募集案内

芸術, 女性 女性性, 子供とエネルギー

お母さん

実家の引っ越しの時に大量に出てきた、20年以上前の母の作品。変色していたりして、処分するものもあったのですが、中にはいい感じに変色してるものもあったりして^_^

学校から家に帰ると、黙々と手仕事をしている母がいた。

オヤツを用意してくれたりした。

子供にオヤツを出すと、また黙々と作業。

私と弟は、母親の作業にそこまで関心はなかったけど、綺麗なものがお家の中に増えていくのが当たり前のことのように思っていた。

大人になって、自分が母親になってみると、仕事の合間にチョコチョコ手作業していると、娘が嬉しそうなのに気づいた。

近くに寄ってくることもあるけど、そうではなく、作業している私の横を素通りしたり、ソファーでゴロゴロしているだけなんだけど、あー、昔の私もこんなだったんだなって思う。

お母さんがお家にいて、何かやってる(そこは、何でもいいんだと思う)。

それだけで、子供は安心する。

その環境を自分が与えられていたこと、そして今もたまに娘に与えることができている。

感謝しないと。

豚革工芸なので、抵抗なくはないんですけど、考えてみれば牛革バッグ使っているから、そんなに変わらないかなぁ

冬にコートや帽子に着けてみよう。

ということで、捨てずに保管することにしました。

芸術, 女性 女性性, 子供とエネルギー

コネられた母です

昨日の娘のシュタイナーの算数教室でのワークは粘土でした。

このワーク、体も温まるし、限りなく「完璧」に近づこうとする心の力を養うので、私も好きなんです。

シュタイナー教員養成コースで、私は始めに紙粘土で練習したんだけど、全然ダメで笑笑

ずっしり感と硬さがポイントになるんですよね。素材って大事だな、とよく分かりました。

信楽焼用の粘土をAmazonでポチりました。

うん、全然違う!

で、クラスが終わった後の娘から「ママ〜💓」って見せられたのがこれ。

クラス終わっても、黙々と作業してたのはこれだったんだねー

手仕事って、人の心を温かくする

グルメ, 女性 女性性, 子供とエネルギー

お金の話

素敵なマダムと、青山のLadureeへ

お話は、資産運用や暗号通貨の話になりました。

コロナで、多くの人が気付いたと思うんですよね、経済と金融の危機に。

日本の銀行にお金を預けていても、増えるどころか手数料で目減りする💦

先進国、特に王族や貴族文化のある、マネーリテラシーの高い国では考えられないことです。

個人も法人も、銀行に何かあった時の保証は1000万円までだということも、殆どの国民が知りません。

お金は、リアルに地球で生きていくためには必要なもの。

賢く増やすことを、子供の頃から教えないといけないですが、日本の銀行の利子と保証がこれでは、学ぶどころではないです。

ヒーラー、教育者がお金の話をするなんて、と思われる方もいるみたいですが、私はとても大切なことだと思いますよ。

金銭に余裕があり、単にお金があるだけでなく、何もしなくても増えていくシステムを持っていれば、労働に費やす時間が減り、心に余裕ができます。

今の日本の子供たちに必要なのは、安全な食事と、家で自分を待ってくれていて、お話を聞いてくれたり、護ってくれる親です。特に母親です。

お母さん達がお金のことを学び、しっかりとした所で、低リスクで増やせたら、子供達は笑顔になると思う。

お母さんが今よりも、30分でも長く子供と顔を合わせたり、夕飯のおかずが一品増えたら、日本は変わると思うんです。

女性の皆さん、お子さんいようが、いまいが、いま、この時期に、生き方、働き方、お金の作り方、自分の心と身体との向き合い方を変えていきましょうね。

女性が自立して、自信と余裕を持てば、出産率も上がると思います。もちろん、女性だけの成長と変化ではそれは起きないわけだから、男性も同様の成長が必要になります。

動物 ペット ヒーリング, 女性 女性性

カミーユだった私へ

自分の過去生が、歴史上の人物だったりするものだが、最近特に出てくるのは、睡蓮で有名な画家のモネの妻だった時の記憶。

最近のオーラリーディングの個人セッションでは、女性特有のお悩みを聞くことが増えた。身体のことだけでなく、男性と対極にある女性として生きていく中で出てくる疑問や気づきに関する相談が多い。

透視ヒーラー の仕事は、ありがたいもので、多くの人が見えない人の過去生が見られる。

2020年を日本人として生きていたとしても、その人は他に400回も500回も地球に他の人物として生まれ変わっている。その中で、お客様のまさに「今」起きている事象と重なるところが私たちには見える。

カミーユとして生きた時、私とモネがどういう関係にあったのかも、私が死んだあとのモネと後妻のアリスの関係も、高次の私は覚えている。

これから、カミーユだった時のことはまだまだ思い出しそうだ。

女性として、もっともっと幸せに生きよう、女性に向いている仕事に力を入れていこう、と決めて動くと、何故かいつもカミーユの時のことが走馬灯のように目の前をかけていきます。

白い、毛のふさふさした犬も出てきたからググってみたら、確かに、マルチーズみたな白い犬を飼っていた模様^_^

ルノアールが描いてくれてました。

そろそろ、当時のことを題材に本を書きたいね〜って、カミーユと話してます。

廣光による個人セッションはこちら

オーラリーディングとヒーリングなど

3.オーラリーディングAura reading and healing

つれづれなるままに。。。, グルメ, 女性 女性性

ラブラブでいるために

庭のキュウリにはここ1ヶ月雄花だけが咲き続けるので、雌花が咲くようにカット。先端を分解して遊んでいたら、最終的にこうなりました😂 

タツノオトシゴは雄が出産するようです。

ラブラブ🥰でいるための秘訣がここに書いてある模様

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/062900243/?ST=m_news