子供とエネルギー

Vista届きました

我が家の喘息持ちさんに着けさせたかったvyvoの最新モデルが届いた〜

17以上のスポーツモード搭載されてるし、自分の心拍や血圧や歩数や睡眠の質がすぐにAIに送られる仕組みになってる。

病気の子供たちを抱える家族には、本当に、本当に、こういうスマートウォッチが有難い。時に命をまもってくれる。

ウェアラブルに関してはまた書くとして、日本の働き方、女性の地位向上について、ヒーラー、経営者として本日後ほど書きたいと思います。

ヒーリング講座☆ワークショップ, 動物 ペット ヒーリング, 子供とエネルギー

マリアとイルカのヒーリング講座7月

このページはしばらくトップに固定されます

5月、6月は透視リーディングのセッションモニターを募集してます

マリア&ドルフィンタッチ ヒーリング、7月に開講いたします。長期に渡って学ぶ透視やオーラリーディングのクラスとはまた違い、2日間で学びます。

自分を癒したい人、ペット、家族、お友達、お客様にセッションをしたい方、おまちしております。

詳細はホームページから

http://www.paramita.jp/healing-school/1182.html

グルメ, 神様, 子供とエネルギー,

シンガポール発で、初めてVoyager of the Seasで3か国クルーズ。出発前に入ってきた、ヨルダンの友達の入院のニュースがずっと頭から離れなかった。血栓が原因で意識不明のまま1ヶ月近くが経とうとしている時に私は人づてでニュースを聞いたので、あとは祈り、遠隔ヒーリングを続けた。

クアラルンプールのピンクモスクに行けたのも良かった。

私は無宗教だけど、モスクも、聖なる存在も好きだから、トルコではルーミーの聖地であるコンヤに行くくらい。

心が静まる。

形の無い 「それ」と繋がることが好き。

そして、誕生日の翌日の朝、ラシャの意識が戻った!とアリソンから連絡がきた。

良かった〜 本当に良かった〜😭

人の肉体の命ははかない。私たちの身体は精密に作られた素晴らしいものだけど、きちんとメンテナンスをしないと。

肉体のあるうちに出来ることを楽しもう。

で、クルーズでは、毎晩フルコースディナー。非日常を楽しみました。カジノもあるし、アイススケーティング ショーもあるし。

娘には、とにかく世界を見て欲しい!日本も素晴らしい国だけど、グローバルな流れにちゃんとついていき、どんな時にも自分の力で扉を開く知恵と勇気と行動力をつけて欲しい。英語がまだ話せなくても、体当たりで外国人の中に入り、少しでも話したり、相手の洋服を褒めたりして頑張る娘にウルウルきました🥺 この精神力は、塾や詰め込み式教育だけでは育たない。何度も小さい時から海外に連れ出し(連れ回し?)て、見守ることをしてきた効果を今回しっかりと感じました。

正しくあろうとする日本の教育だけでは、これからの時代は生き残れない。それは、日本の外に出てみればよくわかること。知恵と柔軟性と健康な身体があれば、どこでもやっていかれる!

命を楽しもう。感謝しよう。

ツインソウル, ヒーリング講座☆ワークショップ, 動物 ペット ヒーリング, 子供とエネルギー

マリドル終わりました

IMG_3631IMG_3638

聖母マリアとイルカのヒーリングを伝授する、マリア&ドルフィン タッチ ヒーリングの2日目が終わりました。今回も、素敵なヒーラーさんが誕生しました。初日と二日目では、すでにエネルギーが違います。お顔の色や表情が明るいんです。中には浄化のため眠くて目を開けていることが困難な方もいらっしゃいます。

自発的にヒーリングを習おうという行為は、今までの自分を変えようという強い意志の現れです。その意志が意識を変え、オーラも変えていきます。今まで蓋してしまっておいた記憶や感情も、愛と光のエネルギーを受けて表面かするため、お腹が痛くなったり、眠くなったり、感情が爆発したり、と様々なストーリーがありますね。

何度教えても、人間の変化する姿の美しさ、魂の崇高さに感動します。ツインソウルについても語らせていただきました。

また、今回は認定講師のKoAさんとコウさんがご一緒してくださいました。冷静なKoAさんと、熱いコウさん。とってもよいコンビだったと思います。KoA先生とコウ先生に関しては、受講してくださった方々から、「謙虚で控えめだから、もっと自己主張されてもいいのに」というお声もいただきました。

お二人とも、透視の初級コースから上級コース、リーディングのアドバンスコースまで修了されています。中立で、自分の存在を誇示することなく、受講生の成長の邪魔にならないように謙虚ながらもしっかりと観察と講義ができます。素晴らしいですね。KoAさんは東京、コウさんは関西で活動されていますが、お二人とも遠隔でもセッションできますよ。

マリドル卒業された皆様、これからご自分、ご家族、クライアントさん、ペットにマリドルをご活用くださいね。

次回の開催は夏前かな〜  リクエストの多い講座ですので、また開いてまいります。

つれづれなるままに。。。, 子供とエネルギー

2019はカルマの解消から始まった

2019

☆明けましておめでとうございます☆
2019年が、皆様にとってよりワクワクと実り多き1年となりますようお祈り申し上げます

昨年の大晦日の晩、我が家のスピリチュアル娘ちゃんが、突然クリアな透視リーディングを始めました。娘は小さい頃から天使やオーラや未来などを視ては私にお話ししてくれるのです(これは、人間誰もが持つ普通の能力です ですから、当スクールでは、ごくごく普通の方が、透視リーディングやヒーリングの能力を学んでいるのです)。

娘は、普段からリーディングは普通にしてくれますが、大晦日の晩のリーディングはひと味違った。。。。それまでは、どちらかとういうと娘が娘自身の守護天使のような存在に質問をすると答えが返ってくる感じでしたが、この時は、どちらかというとアカシック レコードからの情報が勝手に降りてくるようでした。

娘がお話してくれた内容は、私たち家族の未来のことでした。内容は、いつか皆様に公開する時が来ますが、今お伝えできるのは、私たちの未来の移住先の具体的な映像だったということです。どんな国で、どんな環境の中で生きているのか。庭や家の中の間取りや、家庭菜園で育てている野菜の種類など。赤かぶとジャガイモを沢山食べる、四季のある国であるということは公開しておきましょう。家の中の床の色、素材、ソファの配置、私が着ている服、娘が通う学校(日本人学校ではなく、インターナショナル スクールでした。「えー、まじー、わー 汗」という娘のつぶやきは聞き逃さなかったぞ 笑)など。

驚くことはありませんが、娘のリーディングの内容は、今までスクールの生徒さん達が私のオーラの中に見てきた情報と一致していました。そして、それらのリーディングをしてくださった生徒さん達と、年末年始にかけて連絡を取ること、関わることが多い。その方達も大きな転換期を迎えているようです。過去からの染み付いたパターンを断ち切ったり、新しいことを始めたり、今までだったら乗らなかったビッグチャンスに乗ってみたり。勇気と責任をもって決断して行動する肉体レベルの自分を冷静に見ている自分自身のハイヤーセルフとの繋がりを感じるそうです。

そう、自分を客観的に冷静に眺めることができる。

とても大切な感覚です。

私はその方達とお付き合いがありますので、皆さんの経てきた辛い時期を覚えています。どの人も、始めにお会いしたときより、自分の軸がはっきりしているし、人のせいにしないで、自分で自分の周りで起きている現象に責任を持って行動するようになっています。

娘や、生徒さん達に励まされ、助け合ってここまで来たなあ、と感慨深いものがある大晦日でした。

2018年は、娘の学校問題に親子で取り組んだ年でもありました。日本の教育現場の問題も肌身をもって経験しました。給食のない学校へ編入させ、お弁当作りがさぞかし大変だろうと想像していたところ、実際に毎朝早く起きてお弁当を作ることをやるり始めると、母親の愛情を、離れた子供に毎日直接伝える媒体であることに気づきました。面倒くさいものではなく、楽しいものであることがわかりました。そして、中学、高校と毎日お弁当を作ってくれた母への感謝の念が出ました。辛いイジメに合いながらも、頑張って自分を鼓舞しながら学校に通う9歳児の背中に、昔の自分が重なりました。私のような反骨精神に溢れたわけでもない気持ちの優しい娘が、あの状態で学校に通うことがどれだけ強い精神力を必要とするのかも気づきました。やられたらやり返す、見返す、という姿勢を持てる私の方が楽だったんだ。。。。やり返せない子が持つ芯の強さを初めて目の当たりにしました。

そして明けた元旦。

実家で親族の集まり。

昔から、私はこの親族の集まりが嫌いだった。自分がこの家族に生まれ落ちたことを何かに恨んだこともあった。でも、それは、正確には恨みというより悲しみだった。家族の絆や親からの愛情が感じられなかった。特に父親からの歪んだ愛情に、小さいころの私はどう対応していいのかわからなかった。

父親自身のインナーチャイルドの悲しみ、父親の両親の苦労、時代背景、日本の分化やしがらみを理解し、父親とのカルマの解消に本格的に取り組んで9年経った昨年の春先に、「その時」は来ました。「カルマを解消しないといけない」という思考から始まった私の浄化のワークは、ようやく、頭ではなく心で父親の人生を感じ、受け入れる時を迎え、終わりました。

それから、実家に帰るたびに父のエネルギーが軽くなっていました。父親に対する苦手意識は減り、ついに今年の元旦は、きちんと対面して座り、目を見て話すことができました。父のオーラやチャクラをみても、嫌なものを見ることは殆どありませんでした。むしろ、綺麗な愛のエネルギーが吹き出しているのを確認できました。ようやく、本当の父親を見ることができるまで自分は成長したのだと思います。

何年も「あなたの人生の大きな転換は、父親とのカルマの解消がなされたときに起きる」と自分のハイヤーセルフに言われ続けてきました。「とてもそんな日が来るとは思えない」と泣いた日は沢山ありましたが、コツコツとクリーニングを続けると、あら不思議!宇宙からのお題を修了できるのです。

元旦のあと、家に帰る身支度をしていると、足が悪くてなかなか歩けない父が、「これ持って行きなさい」とミカンを3つ奥の部屋から持ってきてくれました。歩行器がないと歩けない父のために、母が沢山積んだミカンがあるのでしょう。ちょっとしなびていましたが、私にはとても特別なミカンとなりました。味わっていただきました。
DN042527_photo01.jpg

2019年は、すごい年になる気がしてなりません!色んなことが起こりすぎていて、肉体をついて行かせるのでヒーヒー言っております。たまーに、オオボケかます講師で申し訳ありませんが、生徒さん、クライアントのみなさま、本年も宜しくおねがいいたします。

子供とエネルギー,

旅育 in Japan

子供の旅育は日本でもできる!今日は、マレーシア🇲🇾の会議で知り合ったカップルを、東京を案内しました。銀座で蕎麦食べて、歌舞伎座行って、築地市場でつまみ食い沢山して、浅草寺でも更に仲見世でつまみ食いしまくり、その後はもんじゃとお好み焼き屋へ。ご規模通りのフードツアーとなりました。それにしてもよう食べる!

世界のスタンダードで生きていく、世界のスタンダードで楽しんでいくことを知るには、体感するしかない!世界はもう学歴じゃなくて、あなたがどんなことに興味を持ち努力をしてきたか、に重きを置きだしている。本当に楽しく生きている大人を見るためにも世界に飛び出していかないと。一緒に案内したテツさんも、楽しそうにもんじゃやお好み焼きを焼いてくれたぞ(^^)

娘には、世界を見せたい。とはいえ、年間英語教育に何十万円とかけてみたところで、あまり効果はない。それもそのはずで、習ってどのような場面で活かすのか全く想像ができないから。なので、私は娘が小さい時から年に最低1回は海外旅行に連れて行ってる。その積み重ねで、彼女は耳が良くなった。物怖じしなくなった。「旅育」は、日本でも少しずつ受け入れられる新しい教育方法だと思う。

娘には、来年のシンガポールのクルージング旅行の後でマレーシアに寄り、彼らにまた会えると伝えると、英語頑張らなきゃ!という顔してました。クルージングで、船にパックしてしまうと、色んな国の子供達とも仲良くしやすくなるはず。親も一緒に楽しめる。

今日は東京で旅育ができました!