動物 ペット ヒーリング, 子供とエネルギー

お友達

昨日娘とサイクリングに出かけた時に見つけた小さなイモムシ。昨年の夏に家で飼ったイモムシを思い出したようで、娘は大喜び。

12歳になっても、まだまだこの辺りのお受験組の子より子供らしさが残ってます。

子供である時間を1日でも長く取らせてあげることを私は親として大事にしています。

土手には、洋服にたくさん花の種も付きました。自然はこうやって次世代に命を繋いでいくんだ、ということを、ポリポリ足を掻きながら教えました。

本日は、中学の制服を取りにお店に行く途中で、蝶と友達になりました。

「虫愛づる姫」です。

最後はパンジーのお花に乗せてお別れしました。

手に蝶を乗せて誇らしげに歩く娘を見れたことが、とても嬉しかった。

何でもないようなこの時間が、本当に貴重でありがたいものだということを、歳を重ねるごとに理解しています。

ありがとう!

グルメ, 芸術, 子供とエネルギー

キャラ弁

週末は、娘のキャラ弁作りに付き合いました。

いつになか真剣な眼差しで海苔を切り、胡瓜を型取り、卵焼きを乗せる娘。

出来上がりに本人は大満足らしくて、食べ始めるまで30分近く眺めていた(^^)

アニメより本を読んで欲しい、と親としては思っちゃうんですけど、それも「アニメは下等なもの」と小さい時に親に埋め込められたプログラミングかなぁ。

小さい時の両親の教育は、長く影響を及ぼすものですよね。

私の母親は、教育熱心でした。戦時中の生まれなので、自分が受けられなかった教育を娘に与えたい、審美眼を育てるためになるべく本物を使わせたい、見せたい。そういう人でした。

母にはとても感謝しています。ホンモノを見分ける目は、親から受け継ぐものだと思います。それくらい、小さい頃に触れたものが感性に関わってくるから。

親に感謝する分、自分の子供にも同じものを提供してあげたい、という想いが沸き、古典的な美や技術に触れさせたいと思うんだけど(親の愛情でもある)、うちの娘はアニメ大好き、文字嫌い、なんですよね。

いま、改めて、シュタイナーの国語教育も取り入れながら、文字の美しさ、形の美しさを教えているところ。

でも、彼女の頭の中はキャラクターで一杯なんですよね〜(*´ω`*)

そんな時は、先ずは受け入れることにしてます。娘が何が好きなのか、何に惹かれるのか、に耳を傾けてあげると、すんごーく喜びます!「あ、ママ、こういうものも好きなの?」って目を💖 

そうだよ、あなたが好きなこと、関心のあることをママは知りたいんだよ。

シュタイナー教育, 芸術, 子供とエネルギー

にじみ絵

シュタイナーの濡らし絵ワークを昨晩やってました。小学一年生の自分を想定して、ウルトラマリンにプルシアンブルーを少し加えて、青を作る。「幼稚園生の時よりちょっと大人な色だね」って、7歳の私が笑っていた。

昨日の私はこの黄色だったようだ。無限に広がることができるけど、1人で広がり続けるのは、もうお終い。対極にある存在を有り難く護ってもらい、優しさと調和の世界に住む時がきた。

色、動き、変化に、心の奥底にあったものが炙り出されました。

まるで生き物のように、人間のオーラのように、刻々と変化する。気づきの瞬間を見逃したくなければ、1秒の変化も見逃せない。

そう、1秒も見逃せない。

乾いてしまうと、別物になるから。それも、またそれで良い。

自分の気持ちに、ピッタリと寄り添い、観察し、受け入れ“続ける”ことを毎日意識して生きていきたいですね。

オーラを透視するアドバンスコースが開始したばかり。自分や人のオーラを、誠実に、敬意を持ってリーディングすることは、この濡らし絵のワークのように神聖なものです。

この3枚は、オラクルカード3枚引きをやってるようでした。今年の始めの3ヶ月の過ごし方が見えた。

思いがけないプレゼント

ヒーリング講座☆ワークショップ, 動物 ペット ヒーリング, 子供とエネルギー

ホリデーシーズン到来

Dean&Delicaでコーヒー注文したら、赤い入れ物に変更されていた。

ホリデーシーズンの到来を感じさせる赤。

ポインセチアの季節ですね。

クリスマスは家族と過ごす時間。欧米のクリスチャンにとって、とても大切な時期がきてるので、クリスチャン友達に会うと、皆んな笑顔がこぼれます。

キリストやマリアのサポートが降りてきやすいのもこの時期です。

なので、今年最後のマリアとイルカのヒーリング講座はクリスマス時期に開催としました。通称マリドル。

自分にも、家族にも、動物にも、お客様にもセッションする技術を身につけられます。認定後の更新費用などもありませんので、良心的な値段だと思います ^_^

次回の開催は2021年のクリスマス時期を予定しております。

マリア&ドルフィン タッチ ヒーリング Mother Mary & Dolphin Touch Healing

セッション体験☆報告談, 子供とエネルギー

クリーニング色々

大好きなBulyのお店へ。

前から気になっていた、天然の歯磨きガムをゲットしました。

嬉しくて、ゲットした後はイチヂクのタルトに白ワインを食べちゃった〜

ハマるなぁ、この組み合わせ。

ガムは、うーん、美味しいとかは何もないんですが、面白いです!歯がツルツルになります。

そして本日は、スクールの透視ヒーリング基本コースでモニターさんをお迎えしました。

私はセッションには参加せず、待機している日。

セッション後に、モニターさんからご感想いただきました。

抽象的な表現の多いリーディング内容も、ご本人の中でピンと来ることが多かったようです。

透視でどのように物が視えるのかは、言葉で表現するのが難しい。ハイヤーセルフ、オーラ、守護霊、身体の細胞などのデータは、肉眼で見るデータとは違います。

それを分かりやすい言葉に変換していく通訳みたいなことも、ヒーラー は行います。

知性が求められる仕事です。

お子さんのお持ちのモニターさんには、お子さんの情報が見えたりもします。それも、担当したヒーラーさんがリーディングをして、お子さんとの付き合い方、のアドバイスが出来たようです。

実践してみます、とセッション後にメッセージいただきました^_^

さて、歯のクリーニングも大事ですけど、気持ちや思考のクリーニングも必要なのが人間です。

1月からの透視ヒーリング基本コース。もうすぐホームページでスケジュール公開いたします。

子供とエネルギー

ペアレンティングと子育て

現行の透視ヒーリングの基本コースで、インナーチャイルドを癒す過程に入ってきてます。

自分のことを癒すことが、他者のリーディングやヒーリングをするための前提課題となります。

自分を癒したつもり、になるのと、本当に向き合って癒すのは全くの別物です。

「つもり」で終わらせないためには、変わろうという強い意志と自分への希望と期待を持つことです^_^

もしも自分自身の変化に自信がなければ、周りを見渡すといいです。変化をしている人がいるはずです。身近にいなくても、貴方が望めば、そういう人は現れます。

変わった人に出会えたら、「自分も変われる」と信じ易くなります。

私は幸運にも子供を授かり、日々子供から学んでます。インドにいた時も、日本に帰ってからも、いつも子供の教育に関わってきました。

で、最近思うこと。

日本語の「子育て」というのに違和感を感じるんです。親になることほど大きな宿題はないと言っても過言でないくらい、自分の子供が大人になるまでの時間を共に過ごすことはハードです。

正直、これは、我が子を育ててみないと分からないことです。

親として学ぶこと、変わらないといけないことが沢山出てきます。今までの価値観をぶち壊してくれるのが子供です。

となると、英語のparenting 「親をやること」の方がしっくりくるなぁ。

子供とエネルギー

インナーチャイルドの声を聞く

ミツロウ粘土を使って、自分のインナーチャイルドの声を聞くワーク。

PARAMITAの透視ヒーリング基本コースの現役生徒さんに、そろそろ取り組んでいただく段階に入りました。

本日は、デモンストレーションのビデオを作ってます。

ミツロウって、体温でゆっくり溶けて、とても良い香りがします。

優しい気持ちになります。

これは、親子でできる、簡単なワークなので、そのうち、透視コースとは別で、スクール生以外の方にも教えられそうです。

公式ラインより、いち早くご案内差し上げますね

https://lin.ee/1R7h9ON

シュタイナー教育, 子供とエネルギー

ママ、あのね

小6もすぎれば、段々と悩みや壁もも増えるようで。

うちの娘も若いながら試行錯誤しています。

学校でのお友達付き合いや、勉強のこと。

ヒーラー のママを持ってるのは特権だぞ〜っていつも思うんですけど(子供には、必要な時に透視して、ヒーリングもしてあげてます)、そんなこと子供はわからないかな^_^

いや、逆かな。

子供を持ちながらヒーラー でいられたり、それを職業にしなくとも、エネルギーの世界に意識を向けて生きていることで、親の方が沢山のものをもらえる。

そう、そっちの方がスンナリくるかな。

今週火曜日あたりから、娘のチックが出ました。日に日に酷くなっていく。目の動きがおかしいんですよね。

私がシュタイナー教育の手仕事してたり、本を読んだり、楽しいことしてると、横に座ってポツポツ話してくれるんですよね、悩みを。

あとは寝るときかな。

お母さんがリラックスしてる。楽しく過ごしてる。ワクワクしている。そんな姿を見せてあげたいです。そうすれば、大人になることが嫌でなくなるかな。今を乗り越えられるかな。

昨晩は、夜遅くになりましたが、シュタイナーの分数学習のひとつのワークをやりました。

先生仲間が、トランスパレント ペーパーで作って、窓に飾って綺麗だったので、我が家もトランスパレント ペーパーでやりました。

こんなの小六の子がやるかな?楽しめるかな?と疑問だったんですけど、おー、侮るなかれ、折り紙ワーク。

鼻歌歌いながら、ルンルンで30分ほど取り組み、完成。

「小人のお家を作った」とのこと。

窓に貼って、朝見たら、光が入って気持ちが晴れましたー

で、娘のチックはなくなってました。

学校に行くのはまだ身体が許さないようで、遅刻になりましたが、これから元気に登校です。

芸術, 子供とエネルギー

モニョモニョ

トリエンナーレを観に行きました。

現代アートを観るのは初めての娘。

社会問題や歴史を取り入れている作品を見ながら、色々と考えていたようです。

学校の図工の時間は自由に作ることが許されないから窮屈だと話していたので、今回の展示会で良い刺激を受けたのではないかな?

学校だと、一定の枠の中で作らないといけないのですが、その枠の中でも楽しく創造する智恵もきっと彼女の中にあるはず!