セッション体験☆報告談, 女性 女性性,

8-9月 特典あり⭐️マリドル遠隔モニター募集(無料版)言動や性格を変える

9月からの遠隔コース開始前!⭐️特典あり⭐️ PARAMITAの認定ヒーラーと講師による遠隔ヒーリングセッションを受けていただく機会を設けました。マリドルがどんなヒーリングなのか、貴方もコースを受けた後に本当にヒーリングできるようになることを知っていただける良い機会です。

zoomという無料アプリをダウンロードしていただくだけで、講師と認定ヒーラー達とスクリーンで会話をしながらセッションを受けていただけます。ご自宅など、ゆったりとできるスペースで受けてくださいね。多分、その後よく眠れますよ^_^

「目の前にヒーラーさんはいないのに、身体が温かくなる」というご感想多くいただいてます。

日時

8/29(木)21:00から22:00

8/30(金)21:00から22:00

9/2(月)21:00から22:00

9/3(火)21:00から22:00

💠今回は、「あなたが直したいこと」「変えてみたいこと」をカウンセリングします。例えば、イライラして怒りっぽいのを辞めたい、とか、タバコやお酒を減らしたい、とか、いつも同じような恋愛パターンを繰り返して傷ついてしまう、とか。貴方の脳にエネルギーを入れていきますよ。そう、今までの言動や嗜好を記録している脳みそを書き変えましょう!💠 ヒーリングは医療行為ではないこと、個人差があることをご理解ください。

無料です。

定員に達し次第締め切ります。

⭐️今だけの特典⭐️

9月の半ばに、講師の廣光は、ロシアのある聖地に行きます。現地に行くまでの期間に開催するモニター募集に応募してくださる方には、現地から、マリアのエネルギーを送らせていただきます(zoomなど必要ありません。日本の夜の時間帯に現地より流させていただきます)。また、現地より、個別メールにて、聖地の写真など送らせていただきます。きっと、ステキな写真が撮れると思います。

注意事項 妊娠されている方、妊娠の可能性のある方、精神科のお薬を服用されている方には受けていただけません。

マリドルの遠隔コースに関してはホームページをご覧ください

http://www.paramita.jp/healing-school/1182.html

モニターセッションをご希望される方はparamita.tokyo@gmail.comまでメールください

#paramitaヒーリングスクール #paramitahealingschool #イルカ #マリアとイルカのヒーリング #セッション #モニター募集 #ヒーリングサロン #スピリチュアルカウンセラー #スピリチュアルヒーリング #スピリチュアルスポット #ヒーラーになろう #3日で習得 #ヒーリングスクール

ヒーリング講座☆ワークショップ, 女性 女性性,

夢が叶ったお客様

1年前に、透視リーディングのお客様として来てくださった方から、今朝ご連絡いただきました。「あれから1年経ちましたが、ついに、念願のフランス留学が実現します。会社は、、、辞めます^_^」と。

何年も、粘り強く、日本の会社で頑張って来られたけど、心の声は自由を求めていた彼女。地方から東京に出てきて、大手の会社に勤めないといけないというプレッシャーや、結果を出さないといけないという焦りや、自分の中の葛藤と闘い続けた結果、「もう、いい加減に会社辞めて、好きなことやらないといけないとわかりました(u_u)」と。

〇〇でないといけない、人の期待を裏切ってはいけない、世間に笑われたくない、失敗したくない、負け組に入りたくない、、、などの思考の波に襲われることは多々ありますが、体と気持ちに限界が来ると、「もう、いっか!これ以上思考で生きても無理だ」と思え、手放せる。

Yes, let it go!

今週末のマリア&ドルフィン タッチ ヒーリングは、残席1枠となりました。詳しくはPARAMITAヒーリング スクールのサイトからご覧ください。

それにしても、本当に、本当に、おめでとうございます㊗️ 今週金曜日に、フランスに発つ前に対面でセッションさせていただくことになりました。

きっと、1年前に見えた、フランス人男性との結婚と出産も彼女は叶えると思います。全力でサポートしてまいります^_^

未病にする時代

3カ国をクルーズした後、マレーシアに戻り、北西部にいますが、改めて、世界はもうウェアラブルで病気を事前に防ぐ路線に入っていることを確認。私は長いことヒーリングやリーディングのプロとして働いてきました。PARAMITA ヒーリング スクールといえば、透視リーディングで知られているとは思いますが、リーディングやヒーリングと同じくらい大事なのが、物理的な身体のケアです。

元々は、インドでの排気ガスや水の悪環境で慢性的におかしくなった身体と精神を良くしたいという必死な思いでヒーリングの世界に入りました。マッサージ、鍼灸、整体に行っても治らなかったからです。特に病気があるというわけでもなく。単に身体の免疫が落ちていたのですが、その状態から抜け出すのは本当に、本当に長い道のりでした。思い出すだけでも涙出るわ〜 この肉体から抜けたい、と考える毎日でした。でも、死にたいわけではない。

そこからご縁あって、スピリチュアルな世界に入り、今までの身体の不調や、人間関係の不調が、実は自分の想像を超える量の輪廻転生と、カルマやエネルギーによるものだと納得したのです。過去世での強烈な体験、やり残したこと、強い感情や未解決の人間関係などが、今回の人生の不調をもたらしていたわけです。

そこから必死で瞑想し、自分をリーディングし、ヒーリングし、現実の行動や考え方を修正していきました。その過程で、ヒーリングで自分の意識が変わり、カルマが解消されると、信じられないくらい体が軽くなることも体験しましたし、アムリタと言われる不老不死の甘い液体が脳から分泌されることも体験しました(そういえば、先日のクラスで生徒さんのひとりがそれを体験しました)。写真は、この記事を書いてるシンガポールのチャンギ空港で見つけたもの^_^

体調をよくするには、まずは気の流れというエネルギーも物理的なレベルでもケアしないといけません。暴飲暴食や、添加物の多い食べ物は避け、新鮮ないきたお水を飲み、運動をする。自分に合う栄養素を摂る。

スピリチュアルな世界に長くいると、この当たり前のことを忘れている方に多く出会います。ヒーリングで病気が治ると勘違いされる方もいます。気の流れを良くすることはできますが、それを持続させるには、ある程度の健康か必要なのです。一流コーチからバスケットボールの手ほどきを受けても、動ける体がなければ練習できないので、上達には繋がらないのと同じです。

今回のマレーシア旅行では、中華系の方に囲まれました。中国人、香港人、シンガポール人、中華系マレーシア人。気づいたことは、彼らが健康にとても気を使うことです。添加物を口にしないように気をつけます。ウェアラブルで歩数を測ったり、毎日血圧をチェックしたり、はもう当たり前。その根底にあるのは、「未病に防ぎ、大病をしないようにする。それが身体のためにもお財布のためにも、家族関係を良好に保つためにも良い」という考え方。

病気になると、病院費用、入院、手術にお金がかかる。仕事もできなくなるため、収入が絶える人も多い。テクノロジーの発達が進む今、私たちはより定額で自分の健康を守れるようになっていますよ。

高い保険料を払っていても、それでは高額治療費はカバーできません。日本人は保険に物凄いお金をかけます。ですが、それではカバーできないのです。もしくは、納得しない治療を受けることになるのです。

瞑想、ヒーリングも良いですが、今一度、自分は肉体という物体を持っていることを意識しましょう。

女性 女性性,

愛は平等に

マレーシアのイポーにある、「愛人通り」。その昔、中国から移住し、富を得た男性達が妾を囲ったエリア。今はストリートアートや、お洒落な店が並びます。

これ、ドアに描かれた食べ物の絵です!

ある富豪が、第1夫人、第2夫人、第3夫人それぞれに、通りを買い与え、自分が死んでも彼女達が家賃収入で食べていかれるようにした通りだそう。

そういえば、港のある街にはこのようなレッドストリートが多い気がしますね。

ツアーガイドの中華系のおばさまが、「ま、それが男性による愛の表現なんだわね。愛人を持つのはやめないのね。ははは」と。

一夫多妻制。戦後の日本でも公然とあった文化ですね。

イポーにもありましたよ、恋人達の鍵スポット。女子は一夫一妻制を好むんだけどなぁ^_^ たくさんの妻を喧嘩させないのって大変な気がするわ〜

グルメ, 神様, 子供とエネルギー,

シンガポール発で、初めてVoyager of the Seasで3か国クルーズ。出発前に入ってきた、ヨルダンの友達の入院のニュースがずっと頭から離れなかった。血栓が原因で意識不明のまま1ヶ月近くが経とうとしている時に私は人づてでニュースを聞いたので、あとは祈り、遠隔ヒーリングを続けた。

クアラルンプールのピンクモスクに行けたのも良かった。

私は無宗教だけど、モスクも、聖なる存在も好きだから、トルコではルーミーの聖地であるコンヤに行くくらい。

心が静まる。

形の無い 「それ」と繋がることが好き。

そして、誕生日の翌日の朝、ラシャの意識が戻った!とアリソンから連絡がきた。

良かった〜 本当に良かった〜😭

人の肉体の命ははかない。私たちの身体は精密に作られた素晴らしいものだけど、きちんとメンテナンスをしないと。

肉体のあるうちに出来ることを楽しもう。

で、クルーズでは、毎晩フルコースディナー。非日常を楽しみました。カジノもあるし、アイススケーティング ショーもあるし。

娘には、とにかく世界を見て欲しい!日本も素晴らしい国だけど、グローバルな流れにちゃんとついていき、どんな時にも自分の力で扉を開く知恵と勇気と行動力をつけて欲しい。英語がまだ話せなくても、体当たりで外国人の中に入り、少しでも話したり、相手の洋服を褒めたりして頑張る娘にウルウルきました🥺 この精神力は、塾や詰め込み式教育だけでは育たない。何度も小さい時から海外に連れ出し(連れ回し?)て、見守ることをしてきた効果を今回しっかりと感じました。

正しくあろうとする日本の教育だけでは、これからの時代は生き残れない。それは、日本の外に出てみればよくわかること。知恵と柔軟性と健康な身体があれば、どこでもやっていかれる!

命を楽しもう。感謝しよう。

つれづれなるままに。。。, 神様,

肉体あってこそ

ふと、ヨルダン人の友達のことが頭をよぎった。最近私が力を入れているVyvo社のウェアラブルのことを彼女に紹介しようと思いついたのだ。天真爛漫で、イスラムの社会におさまり切れず、国外に飛び出した、私の大切な友達。自分の健康データ、血栓の可能性、心筋梗塞の可能性までアラートしてくれる間違いなく世界の医学界、健康産業、生き方、働き方を変える製品だから、友達にも有益な情報かな、と。そして、それを共通のアメリカ人の知人にも伝えようと思っていた矢先。

先ほど、アメリカ人の知人の方から、「ラシャが血栓で倒れた。入院してるが、意識がないらしい。できることをやりましょう。あなたにも彼女は特別な人だものね」とメッセージが届いた。

ラシャは、初めて会った時から、心を開ける友達だ。何だろう。全く警戒心が湧くことなく、気づいたらお互いに心に閉まっておいた「秘密」を分かち合っていた。絶対的に信頼できる人だと思わせる何かがあった。

2015年の5月には、彼女の住むヨルダンに行き、そこからイスラエルと、エジプトへ。ラシャはパレスチナ民族のため、パスポートで色々と規制がかかり、結局は、英語をまったく話せない彼女のお母さんとエジプトで2泊したのだ。彼女のお母さんはスピリチュアルな人で、初めて会った瞬間に、私についていたある黒魔術を見抜き、本気でイスラムの祈りをしてくれた。死海、紅海にまで1日でドライブで連れて行ってくれた2人。紅海からの帰りの満月は写真に納めてある。ペトラにも行った。

中東の神々しい光を体験したあの1週間。黒魔術で、白昼夢をずっと見て、泣いて、本当に辛い1週間だった。

私のハイヤーセルフや、優秀な生徒さん達からのメッセージによると、あの時の私が取り組んでいた課題がもう解決する日が近づいている。だから、あの時、話を聞いてくれた彼女は特別な存在なのだ。

健康というテーマに最近は取り組んでいる。今まではエネルギーの世界中心であったが、私たちは肉体なくしては人間ではいられないのだ。今は、仲間と祈ろう。

IMG_0942.JPGIMG_0951.JPGIMG_0948.jpg