瞑想クラス

1/11 ラッキーナンバーの日は瞑想会

111のゾロ目の今週末は、zoomで瞑想会ですよ。

前回の参加者の方から、「家で受けられて、楽な姿勢なのでやり易かった!誘導を聞いていて、自分に思い当たる節のある内容がどんどん出てくるから驚いた」とご感想いただきました。

はい、黙って目を瞑るだけの瞑想会ではありませんよ^_^

http://www.paramita.jp/meditation/1296.html

瞑想クラス, 神様

zoom瞑想会

初めてやりました。自宅から参加できるって便利な時代になりましたねー

実際に同じ場所に集まらなくとも、空間と時間を共有できます。集まったメンバー構成には毎回意味があり、毎回テーマが変わります。

1人で瞑想するより、誰かと一緒にやることで、1人では直視しづらいテーマにも取り組みやすくなります。

マリアやキューピットからのメッセージもありましたね。

ご参加くださった皆様、リンゴ食べましょううね^^

次回は1月11日です

瞑想クラス

対面瞑想会 定期開催終了のお知らせ

大切なお知らせ。PARAMITA の瞑想会に通ってくださっている皆様、いつもありがとうございます😊

さて、対面での瞑想会は明日11/1312/12をもって定期的な開催を終わりにします。



今後は遠方、海外の方も参加できるよう、zoomによる瞑想会へと切り替えます。料金も下げ、クレジットカード決済などのご利用が可能となります。



今後とも、よろしくお願いします。

瞑想クラス

瞑想 10年

日々の忙しい合間に、欠かさずやるのが瞑想です。



瞑想は、ヨガ。ヨガとはサンスクリット語で「繋ぐ」を意味し、自分自身と繋がることを目的とします。





インドに住んでいた頃、周りのインド人達が、短い間にササっと瞑想したり、呼吸法を実践したりしているのを見ました。





私が捉えていたヨガとは違くて、始めは困惑してたんですが、ベンガル語を学び進めるうちに、サンスクリット語にも通じるところが出てきて、習慣、文化、芸術に付けられた言葉の由来がわかるようになり、短い瞑想もヨガなんだな、とストンと府に落ちるようになりました。





自分自身の心や魂と繋がるために、自分の潜在能力を引き出すために、瞑想は欠かせないですね。深いところを繋がる瞬間瞬間を増やすトレーニング。





昨日、自宅で瞑想していた時にふと出てきたエネルギーがありました。ハートチャクラのあたりにモヤモヤしたものが。見てみると、小さい時に父や母から受けていた期待のエネルギーと、それに応えようとする幼い自分の感情のエネルギーでした。





オーラ リーディングの個人セッションなどでも、長女長男のお客様には、よく似たようなものが見えます。子供に託した期待は、親からの希望であり、愛情でもある。時に強いエゴのものもありますが、純粋な期待であることが多いですね。





私自身がハートに持っていたのも、そういう、愛情もまじった期待でした。



瞑想を本格的に始めて10年。毎日欠かさず1年以上やり続けた時期もありました。



瞑想するだけで、すぐに物事が好転したり、成功が舞い降りてくるわけではありませんが、まじめにコツコツと自分に向き合い、逃げずに見つめ、手放す作業年を続けると、経験値が上がるにつれ、実際の自分の言動で現実を変えられるようになります。





外からの棚ぼたを期待するのではなく、自分自身を信じていくということ。





その中で、親からの期待や、縛りやプログラミングはかなりオーラやチャクラの中から取り除きましたが、まだまだ残っているものですね。





他人からの期待をあまり胸に溜めるのはやめて、自分の自分に対する期待で膨らませたいですね。





さて、今月の瞑想会は1114日です。渋谷で午後ありますよ。PARAMITA の瞑想会はエネルギーワークに近いものです。瞑想初めての方もぜひご参加ください。色んな発見がある、と好評です^_^

http://www.paramita.jp/meditation/1296.html



瞑想クラス

「瞑想会〜 アラビアの富豪はあらゆる余裕があった件」

本日の瞑想会では、集まった人達が過去世でアラブのどこかの国で、裕福な社会的地位の高い人生を共有していました。頭に赤とか黒のアラビアンチェックのスカーフをしていて、ヨーロッパの油絵の飾られた豪華な部屋で、政治的な取り決めをしていました。



わお〜富豪の過去生だ〜♪とルンルンしていたら、このオーラの情報が伝えたいことはそういうことではないそうで 😊



王国と王国間で、取り決めをしているシーン。皆んな男性で、口ひげを持ち、ゆったりと構えています。参加している全ての王(?)にとってwin-winの結果をもたらすには、どのような取り決めにしようか、と和やかに交渉していました。宗教や習慣や言葉などの結びつきが強く、お互いに信頼があり、争わないで共存していくことを目指していました。



非常に気持ちの良い光景でした。



そしてまた、この時の我々は、自分の民の生活を自分の目で確認するために、足繁く自らラクダに乗って砂漠を超え、村々を周り、人々の生活レベルや健康や幸せ度をチェックしてました。



ラクダを大切にしてました。自分で歩ける時はなるべく自分で歩き、ラクダを休ませてました。



人間にしても、動物にしても、「お互い様」なんですよね。その精神を見事に貫いた人生。



これは、おかねや財を成したことから出てくる心の余裕であり、noble oblige (ヨーロッパの貴族にある、富んだものが持つ社会的責任)の精神と同じだと感じました。



「今回の人生でも、そこを目指しなさい、だから、過去を思い出すんだ、思い出せなくても、今この瞑想の時間、過去の仲間とエネルギーで記憶を共有せよ」と、参加されたメンバーのハイヤーセルフが伝えてきましたよ。



思い出すというrememberは、re-memberです。もう一度過去でご縁のあったた仲間が集まるということ。



自分一人で瞑想するのではなく、人と集団で瞑想することでたどり着ける境地もあります。



瞑想の後、「眠たかった」という参加者の声がありました。それは、みなさんが、お金を作ることや財を成すことになんかしらのブロックや罪悪感を持っているから。お金を稼ぐこと、作ることが何か悪いこと、汚いことだと勘違いしているから。清貧ではなく、「清富」の方向へ進みましょう。



ちなみに、上の写真はgoogleがラクダにカメラを乗せて、砂漠の映像を撮ったもの。



ビジネスでは、先駆者に大きなチャンスがもたらされる。新しいこと、世間では認められそうもないことを続けること、めげない事で花が咲きます。



マップの世界、検索の世界を制したgoogleにも、世の中に役立つことをやっていって欲しいですね〜



自分の過去を知ることは、大きな自信やヒントをくれますよ。透視ヒーリング基本コースは今月から新しい期が始まります。



http://www.paramita.jp/healing-school/1190.html