芸術, 子供とエネルギー

モニョモニョ

トリエンナーレを観に行きました。

現代アートを観るのは初めての娘。

社会問題や歴史を取り入れている作品を見ながら、色々と考えていたようです。

学校の図工の時間は自由に作ることが許されないから窮屈だと話していたので、今回の展示会で良い刺激を受けたのではないかな?

学校だと、一定の枠の中で作らないといけないのですが、その枠の中でも楽しく創造する智恵もきっと彼女の中にあるはず!

芸術, 女性 女性性, 子供とエネルギー

お母さん

実家の引っ越しの時に大量に出てきた、20年以上前の母の作品。変色していたりして、処分するものもあったのですが、中にはいい感じに変色してるものもあったりして^_^

学校から家に帰ると、黙々と手仕事をしている母がいた。

オヤツを用意してくれたりした。

子供にオヤツを出すと、また黙々と作業。

私と弟は、母親の作業にそこまで関心はなかったけど、綺麗なものがお家の中に増えていくのが当たり前のことのように思っていた。

大人になって、自分が母親になってみると、仕事の合間にチョコチョコ手作業していると、娘が嬉しそうなのに気づいた。

近くに寄ってくることもあるけど、そうではなく、作業している私の横を素通りしたり、ソファーでゴロゴロしているだけなんだけど、あー、昔の私もこんなだったんだなって思う。

お母さんがお家にいて、何かやってる(そこは、何でもいいんだと思う)。

それだけで、子供は安心する。

その環境を自分が与えられていたこと、そして今もたまに娘に与えることができている。

感謝しないと。

豚革工芸なので、抵抗なくはないんですけど、考えてみれば牛革バッグ使っているから、そんなに変わらないかなぁ

冬にコートや帽子に着けてみよう。

ということで、捨てずに保管することにしました。

芸術, 女性 女性性, 子供とエネルギー

コネられた母です

昨日の娘のシュタイナーの算数教室でのワークは粘土でした。

このワーク、体も温まるし、限りなく「完璧」に近づこうとする心の力を養うので、私も好きなんです。

シュタイナー教員養成コースで、私は始めに紙粘土で練習したんだけど、全然ダメで笑笑

ずっしり感と硬さがポイントになるんですよね。素材って大事だな、とよく分かりました。

信楽焼用の粘土をAmazonでポチりました。

うん、全然違う!

で、クラスが終わった後の娘から「ママ〜💓」って見せられたのがこれ。

クラス終わっても、黙々と作業してたのはこれだったんだねー

手仕事って、人の心を温かくする

芸術

美しい言葉

今期のPARAMITA透視ヒーリング基本コースにお申込みされている受講生の方に、コースが始まる前にやっていただきたいワークを事前にシェアしています。

透視リーディング、スピリチュアルカウンセリング、チャネリング、オーラリーディングなど、言葉で情報を伝える仕事には、知性が求められます。

第三の目を開眼して、ビジョンを視る、ハイヤーセルフからメッセージを受け取る、自分や他者の身体のエネルギー状態をみる、プログラミングを取り除く、過去生を見る、他者との関係性を改善する、自然界のエレメントを呼んで補充する、などなど、スクールで教えていることは沢山あります。

指導に従って、自分を磨く作業、現実的な行動を変えることができたら、必ずそれらの力は身につくのです。私には、講師として揺るぎない自信があります。

ただ、自分以外の人に、自分に視えたものやメッセージを言語化するという作業には、その人の今までの生き方、学習、職業、他者との関わりなどの中でどんな風に言葉とお付き合いしてきたのかが現れます。

言語化って知的な作業。そして、それこそ、人間らしい能力だと思うんですよね。

ある研究によると、言語能力が1番伸びる世代は、何と60代だそうですよ。

本日は、今期の受講生に、シュタイナー教育でやるワークの一部の他、美しい日本語に訳された海外の本を読んでいただくよう、コース開始前に先取りでご案内しました。

その中でご紹介した本の一つをブログでもご紹介します。

ラビンドラナト タゴールの「最後の詩」です。

タゴール自体は、もちろん、ベンガル文学の巨匠であり、詩人であり、戯曲家でもあります。ベンガル語は日本語に似ているところがあります。サンスクリット語系の言葉ですので、単語は全然違いますけど。

今回この本をオススメするのは、内容が、人の繊細な真理をよく捉えているからだけでなく、臼田先生の日本語訳が美しいから。

臼田先生とは、インドに住んでいた頃、コルカタでお会いさせていただきました。今ではなかなか使わない、古典的な書き言葉のベンガル語に精通された方。ベンガル語の話し言葉、日常言葉ができる私に、「あなたは、そういう普段のコミュニケーションがとれていいねぇ。僕は文学としてのベンガル語しか使えないから」と勿体ない言葉をいただきました。

私には、逆にその書き言葉のベンガル語が分からない。それが解れば、もっともっとベンガル語の美しい境地を味わえるのに、と羨ましかったです。

先生の優しさと厳しさと繊細さは、タゴール文学を訳す方に正に相応しい。生意気にも、今でもそう思っています。

雨季に、部屋でじっくり読むのに良い本かと思います。

ヒーリング講座☆ワークショップ, 芸術

世界は美しかった

透視ヒーリング基本コース開講に向けて、受講生の方々に色んなものを用意していただいております。

今期から、新たな試みが沢山入ります。

今までの透視コースにはなかったエクササイズやワークたち。私もとても楽しみにしています。

「世界は美しかったんだ」ということを身体で感じながら、未来を創造していきましょう。世界の美しさを知っていることは、と大きな強みです。

PARAMITAの透視コースは、自己啓発でもあり、コーチングでもあり、スピリチュアルでもあり、エネルギーワークでもあります。今期から、より身体に働きかける内容に工夫していくことにしました。五感をフルに使いましょう。

今回から、スクールの全てのコースが遠隔となります。世界のどこからでも受講していただけます。

透視ヒーリング基本コース Clairvoyant Healing Basic Course

オラクル 神託, グルメ, 芸術

お塩食べて脳みそブンブン

今日は三菱1号館美術館で、印象派やキュービズムの画家やシャガールの絵を堪能してきました。

働いていたワシントンのオフィスを彷彿させるたたずまい。なんか、懐かしい気分にしてくれる内装。

展示会の後はカフェへ。カンディンスキーの絵からインスピレーションを得たというデザート。

さてさて、展示会の後はミュージアム ショップでフランスやイギリスの食材をゲットしたんですけど、その中のひとつのイギリスのお塩がこちら。

マルドンのお塩。イギリスのエセックスの老舗のお塩。ピラミッド型をしてるんです。

お塩って大事だと思うんですよね。

家には結構色んなお塩揃えてます。

で、今回は、まず、封を開けてお塩を触ったら、ぶおーんという音が聞こえました。偶然かな、と思ったんですけど、次にオリーブオイル、クルミにまぶしてレーズンパンにのせて食べたら、脳みそが間違いなくブンブン言いました ww

お塩で浄化されたのかもしれないです。何かしらのメッセージを自然界から受け取った感覚が強いです(波動が高くて解読不能)。

今後も食べるのが楽しみなお塩です。

インド イスラーム文化, セッション体験☆報告談, 神様, 芸術, 子供とエネルギー

マリドル 遠隔ヒーリング 終わりました⭐️

昨日は、マリドルの無料遠隔ヒーリング の日でした。スクールのLINEオフィシャル アカウントからこのセッションにお申込みくださった30名以上の方に遠隔でマリアとイルカの愛のエネルギーをお届けしました。ありがとうございます。

PARAMITA のLINEオフィシャル アカウントにご登録くださると、今月30日の無料遠隔ヒーリング のご案内も受け取れます。LINEで@japan-top-healersで検索してご登録ください。

お友達をご紹介いただくと、お友達にもこのようなお得なお知らせが流れますので、ご利用くださいませ。

昨日は、セッションの準備をしている30分ほど前に知人から、ご家族が当然亡くなったと連絡が入りました。知人、ご遺族の方、そして肉体を離れたばかりのご家族にも流させていただきました。

ある日突然、昨日まで普通に生活していた人やペットが亡くなるという、とても辛い経験を誰もがしていかないといけない。肉体という有限のものを持つ我々の宿命です。

だから、毎日を楽しく、自分に誇りを持ち、堂々と生きていきたいですね。昨日はそんな想いと共に、21:00過ぎから流しました。

祭壇を用意していると娘が2階に上がってきて、「あ、神様とのお話しタイムね。今日は誰と話すの?ドア、閉めておくね」と。素直に健康にスクスク育ってくれている、ただそれだけのことが改めて有り難いことだと思いました。

そして、神様とのお話しタイムが終わると、私の本棚をゴソゴソ。学校の宿題に必要な本を探していたらしい。

今朝2階に上がると、私の机の上に、娘が無意識でタゴールの本を置いてました。パッと開いたページは、芸術に関することが書いてありました。最近、工作をしてるからかなぁ

「われわれは真実との相互関係を積極的に修正してゆくことによって、真実を自分のものにすることができる。これが芸術の仕事である。なぜなら、実在(リアリティー)は実物の実態に基づくのではなく、関係の原理に基づくからである。真実とは形而上学によって追及される無限なるものであり、事実は科学の追及する無限なるものである。

これにたいして実在は、人間的なものであり、我々が意識するものであり、我々が影響を受けるものであり、また我々が表現するものでもある。我々は実在において生きつつ、常にその限界を広げてゆく。我々の芸術や文学は、人間の根源にあるそうした創造活動の表れである。」

ラビンドラナト タゴール

オラクル 神託, 神様, 芸術, 女性 女性性

完成!

忙しくて、ロシアの旅のレポートがブログに書ききれていないのですが、マグダラのマリアのビーズ刺繍は完成!

楽しかった。

娘に見せたら、リビングで皆んなが見えるところに置きたい、と。

置いて、夜寝ていると、マリアからメッセージが降りてきました。健康とお金に関するメッセージでした。

ちゃんと言うこと聞くと、豊かになれると思うわ〜