ツインソウル, 芸術, 女性 女性性, 子供とエネルギー

プログラミングを外そう♡

今月、ビジネス リーディングのコースを受けてくださったお客様がいらっしゃいます。九州からお越しくださいました。パートナーの方と仲間と共に芸術活動をされているアーティストさん。以前、遠隔でセッションをさせていただいた時と同じく、対面でお会いしてもとてもパワフルな個性を感じました。

最近では全国放送などでも取り上げられているようで、さらなる飛躍のために、グループの方向性をどうしたら良いか、ということでご相談にいらっしゃいました。

この方はもちろん、パートナーさんもとても綺麗な優しい暖かいエネルギーの方。パートナーの男性は、仲間と上手く進んでいきたい、まとめたい、そして、コアメンバーとして、仲間の経済状況にも責任を持ちたい、という責任感のあるリーダー。

さあ、セッションでは、今後の宣伝活動とかを聞くぞ!と思っていらしたことでしょう。が、セッション前から見えるのは、ビジネスの面ではなく、パートナーさんとの関係性の映像ばかり。

いざグループのエネルギーをみたり、個々のメンバーをみたり、オーラをリーディングし始めても、宣伝活動を進めるときではなく、むしろ今は春に向けて耐え忍ぶ時期。もう一度グループの方針や個々のメンバーの方向性を見直さないといけない、と。

それぞれのメンバーにはそれぞれの思いや人格がある。が、それを尊重ばかりしていると活動は上手くいかない。

そして、何より大切なのが、このお客様とパートナーさんのパートナーシップなんですね。

このグループは、神様から愛されています。世の中にいい音を届けるという使命があります。その光を放つのは、このお二人の間にある深い絆で結ばれた愛なんですね。この愛の輝きがキーとなります。

つまり、

お2人がお互いを心底信頼し、尊重し、腹を割って話し合い、協力すること。

彼女のハイヤーセルフによると、2人の関係性で、まだ曖昧になっていることがある、と。ご結婚と出産、ですね。私には、何度も何度も彼との間にお子さんを産んで、田舎で幸せに暮らしている姿が見える。「そこを目指さないといけないんだ。そこにむかうことがどんな活動を成功させるにも不可欠だ」とハイヤーセルフが言うのです。私の思い違いか単なる希望なのではないか?と何度確認しても同じことを繰り返し見せてくるので腹をくくって彼女に伝えました。結婚も出産も大きなイベントだし、軽はずみにリーディングできないですよね。

今のカタチになるまでは、平坦な道のりではなかった。特に男性の方は、いわゆる世間の荒波にもまれ、自分のシャドー的な部分をとことん発揮?され、やり尽くし、ある意味どん底というか、社会の底辺も経験し、そこから、生きるためにはもう上の太陽を見つめて上がるしかない、と思われたようです。

結婚になかなか踏み切れない過去や、現在の忙しさ、リーダーとしての責任が優先されがち。

彼女の方も、そんな彼の状況を察しているし、芸術活動がもっと軌道に乗らないと結婚できないと思ってる。そして、ご実家のお母様の反対。「母が納得しないから踏み切れない」とおっしゃる。でも、ハイヤーセルフに聞くと、「いや、問題は実家でもないし、経済状況でもない。わかってるよね?」と。

勇気が欲しいんです。

お2人が、お互いをもっと信頼すれば、経済状況もご実家も全然問題じゃなくて、いつでも籍は入れられるんです。呼び方は悪いですが、「言い訳に過ぎないんだよ」と。お金がないと成功したといえない、とか、親の意見を聞かないといけない、というプログラミングを取り外す必要があるわけです。

どうやって外すのか?私たちヒーラーも、もちろんお手伝いしますが、最後の決め手はご本人たちの意志の強さです。

ビジネスに関しては、ホームページに関して、具体的にここをあんな風に変えなさい、とメッセージが降りてきました。まず、彼女がそこを変える必要がある。

行動力のある方ですので、早速動きが。。。

セッション直後、思い切ってパートナーさんに結婚のことを切り出してみたら、なんと、「俺も実は考えてた」と!そして、彼女はすぐにホームページの方も変更に向けて計画を練り、それを軸に、今は2人でグループの方向性を真剣に話し合っているそうです。

今は目の前の芸術活動をどうするか、は確かに現実問題として大きいんですが、お2人のハイヤーセルフが言うには「いや、何でも良いんだよね〜 音楽じゃなくても何でも良いから、2人が楽しんで世の中に何かを産み出せばいいんだよ。そうしたら、全て上手くいくから!世の中を照らしていきなさい!」と。

自分達を満たすことと、世の中に奉仕することが一致している。

そこ、まさに誰もが目指す境地ですよね!

このような方はセッションの後は、色んなことがグルグルと早いスピードで動きます。今までよりも更に、魂の目的に沿った生き方になります。変化についていくためにも身体には気をつけて!ケアしながら、素敵なパートナーさんと協力して歩んでいってください!お子ちゃまの写真が楽しみじゃ!

芸術, 女性 女性性

強い女であろう!

この3日ほどどうしてもこの曲が勝手に口にしながら踊ってるのでシェアしてみることにしました!古い曲ですけど。

Shania Twain  の That don’t impress me much! です。ついでに他の曲もなぜかついてきちゃったので、それもシェアしておきます 笑  いつものごとく、PARAMITAのブログを読んでくださったり、オーラ リーディングのセッションなど個人セッションをとってくださっている方のどなたかに何かを伝えてくれるので^^

これが流行ったのは私が学生時代にスウェーデンに留学していた時でした。スウェーデンで買った初めてのCDの中の1曲目がこの曲でした。前の部屋のゲイの可愛い男の子のこの曲が好きで、毎朝歌いながら廊下を歩いていたものです。おねえ系の人って私より女心がわかってます!だから一緒にいると自分もっと女にならないと、と発破をかけられた気分になります☆

この曲は、スウェーデンの女子の子にピッタリだと思いました。北欧は男女平等化がシステムではなく、国民の意識レベルでしっかり定着しています。日本のようにか弱い女の子がモテる社会とはかなり違います(日本も変化してるし、好みは人それぞれですけどね!)。

女子が強いです。自立しています。男子は料理できます。リンゴをナイフで剥けます←これできない女の子は日本には結構いると思います。

21歳の私には、スウェーデンの価値観とか社会システム沢山の刺激と気づきをくれました。

ポルノ雑誌は絶対に、絶対に公共の場に出てこないです。だから、いわゆるエロ本を電車の中で携帯で読むとかもあり得ない。子供の目に触れないようにされている。だけど、性教育は小学生からやります。さらーっと普通にやるみたいですよ。隠し事はしないけど、相応しくないものは目に入らないようになってるんですよね。

ちょっと本題とそれましたが、この曲の歌詞は当時衝撃だったと思います。

「ちょっとやそっとの男には興味持たないわよ 私!」って叫んでるんですよね 笑

ビデオの中の観客の女性達を見てください。ものすごい自信たっぷりの顔してますよね。これ、男性をバカにしてる曲じゃなくて、女性が自分の価値を評価している曲なんですよ。強くて自信にあふれたカッコいいセクシーな女性。これ、欧米で好まれるタイプですよね。

Shanaia Twainはまさにそんな雰囲気の女性だから似合うわ♡ 確かカナダ人だったと思います。

歌詞はこちらです、って書いて調べたら、コピペできるサイトがなかった 泣

リンクはこちら https://lyrics.red-goose.com/that-dont-impress-me-much-shania-twain/

ブラッド ピットが大人気になり始めた頃の歌です^^ こんな風に言われちゃうブラピって、やっぱりかっこいいよね!

さあ、日本の女性は、優しく、しなやかに、そして強くいきましょう!

オラクル 神託, 芸術

チェコより 週間オラクル

Weekly Oracle Dec 26-Jan 1 2016 週間オラクル
I bought a beautiful tarot deck drawn by Marie Brozova at her gallery in Prague, Czech today! 

本日、プラハにあるMarie Brozovaさんのギャラリーで、彼女が描いたタロットカードに一目惚れして購入。

This card popped out as the message for this week. 今週のメッセージとしてこのカードが出ました。

「The Hermit 隠者 
She’s dressed in gray, she carries a staff. And a lamp to light her way. She’s seeking honest answers. So be careful what you say

彼女は灰色のドレスを着て、物を持っています。自分の道を照らすランプも持っています。彼女は、正直な答えを探しています。ですから、あなたが口にする言葉に注意しましょう」

ヒーリング講座☆ワークショップ, 神様, 芸術,

ガリラヤのオリーブオイル入りペンダントクロス

イスラエルより輸入しているこのペンダントに関して、リピーター様や、リピーター様からプレゼントされたという方から嬉しいメッセージをいただいております。

クリスマスや年始が近づく時期にご購入される方が多いです。きっと、今はクリスチャンとか宗教という枠を超えた愛を感じる時期だからだと思います。プレゼントにも絶対喜ばれますよ!胸元で黄色いオイルが揺れるので目立つため、電車やカフェでよく声をかけられます(もっと男性にも声をかけていただきたい←動機が不純だ)。男性の方は、お守り感覚でシャツの中でつける方が多いです。

一番多くいただくご感想が「綺麗で癒される」です。あと「人ごみが苦手なんだけど、電車やオフィスに長時間いるときにつけていくと疲れにくい」です。ヒーラーや占い師、鑑定士の方は「クライアントやクライアントについているエネルギーから身を護れる」と話されます。

スタンドもついているので、お部屋のインテリアや浄化に使われる方もいます。

聖水の方はおかげさまで完売しました。現在はオリーブのペンダントのみの販売を行っています。オリーブのペンダントを買われた方から「聖水も欲しい!」というお声をいただくのですが、液体品輸入、壊れやすいものの輸入などなどのハードルがございまして、聖水の方の輸入の予定はありません。

マリア&ドルフィンの講座でもお配りしているこのオリーブのペンダントなのですが「何でオリーブなの?」という日本人の方が多いと思いますので、少々説明を。


聖書の中では、ブドウ同様にオリーブは特別な存在です。古来より世界各地で油というのは人間の生活に欠かせないものでした。料理、医療、美容に幅広く使われていますね。しかし、このオリーブオイルの素晴らしいところは、加熱せず、絞ってそのまま使えるということなのだそうです。もちろん現在では薬品や加熱を利用して大量生産する所が殆どだと思いますが、このペンダントに使われているオイルは、イスラエルのガリラヤ地方(聖母マリアが受胎告知をされた場所、イエスが宣教をはじめた場所として、クリスチャンの聖地です)で何千年も前から伝わっている伝統的な方法で絞られています。


また、「キリスト」とはギリシャ語読みで、キリストのヘブライ語名は「メシア(救世主)」です。メシアの語源は「メシュアフ」で、「油を注ぎ」という意味です。つまり、メシアとは、頭に聖なるオリーブオイルを注がれた者ということです。

王、司祭や予言者が、この油注ぎの儀式を受けます。頭から全身に被るのだそうです。身体にオリーブオイルという聖なる油をまとうのです。マリドルのコースを受講されている方にはピンとくるものがありますよね?^^そうそう、そういうことなのよ〜☆ 身体を清めて、人々のために働くのです。

さて、このペンダントには、ペンダントを使う方のために必要なエネルギーをリーディングして注入してから送付いたします。ご注文の際に、このペンダントに特にサポートして欲しい項目(健康、スピリチュアルなシフト、恋愛、金運、人間関係の改善など)をお知らせください。ご家族やお友達にプレゼントしたい場合は、相手の方のお名前かお写真をください。特にリクエストがなければ、私の方でその人にあったエネルギーをリーディングして注入いたします。

ご注文、入金後、大体10日間前後で発送できます。年末年始はもう少しお時間をいただきますのでご了承ください。
料金はペンダントが9200円で送料800円です。シルクの紐をおつけしますので(色はお任せ下さい)、すぐにペンダントとして使えます。リボンの種類と輸入税率が変わりましたのでお値段を改訂しました。

ご注文はashirbad.megumi@me.com 090-9375-8017 まで

2年前にイスラエルに導かれたのは、このペンダントとに出会うためだったのかな、とも思います。世界で一番意地悪で厳しいと言われる、ヨルダンからのイスラエル入国に臨みました。たまたまヨルダン人の友達のところに寄ってから行こうということになり、ヨルダン川を横断してみたい!という気持ちで、事前にイスラエル側にタクシーを手配して、準備万端のはずでしたが、思わぬトラブルが起りました。

日本人の女性が1人でヨルダンから陸路入国ということでおおいに怪しまれまして、入国審査で別室に呼ばれ、入国の目的をユダヤ人から聞かれます。本当に観光だけなんで、「観光です」と言えば済むと思いきや、「あなた、パレスチナ領には行かないと言ってるけど、本当かどうか確かめたいからガイドブック見せなさい」と。「あ、もう終わったな」と思いました。現在はパレスチナ領のベツレヘムのページを蛍光ペンでマーキングしていたから。このままヨルダン側に送り返され、一生イスラエルには入れないな、と。

だけど、そこはマリアやキリストが護ってくれたんだと思います。なぜか、審査官がベツレヘムのページを飛ばした!それで関門#1は通過。そのあとももう一度質問されます。関門#2で「あなた、ヨルダン川西岸地区(現在パレスチナ領)にも行くのかしら?」と。もー、ここは世界情勢を知らない馬鹿者のふりをしたら、「あんた、平和な国から来たアホね」って感じのため息と共に入国スタンプが押されました。ホッ

エルサレムの教会で出会ったのがこのペンダントで、とにかく日本に輸入したい!と単純に思いました。教会でマリアの聖なるエネルギーに包まれて、そこでマリア&ドルフィン タッチ ヒーリングの構想ももらいました。私がマリアやイルカやキリストのエネルギーを伝えるの?とびびったら、マリアに「あなた、そんなに頑張らなくていいから。私が助けてあげるから、このヒーリング エネルギーを人に伝える媒体になればいいだけよ!」って言われたので始めました 笑 あ、それならできるな、と^^

マリア&ドルフィンの講座はおかげさまで毎回好評いただいております。次回は2月開催です
http://www.paramita.jp/news/875.html

つれづれなるままに。。。, セッション体験☆報告談, 芸術

タフであれ

午前中、オーラのリーディングのセッションに向かう前に電車の中で読んでいたアファナシェフの本。その中の一部分をあとで引用しようと思いついてはいたのですが、セッションが終わって納得!

本日いらしてくださったお客様は、これから起業しようという方でした。ビジネスも、家庭も、子育ても、全てにおいて満足できる人生にしたい!でも、ほんとにできるのかな?という感じ。でも、その不安をなくすための手がかりとしてセッションにお越しくださったわけで。

行動を起こしている。

大きな一歩でなくても、細かいことをコツコツと今までも積み重ねて来られた方でした。大きな一歩もここ数ヶ月で踏まれたようですし。

腹がすわってるひと、諦めない人には何かがつく。何かが応援してくれる。

アファナシェフのインタビュー記事。
「インタビュアー:俳優ならば、内面がまったく空っぽであるがゆえに、メディアとしてどのような役柄も演じられることもあるでしょう。ですが、あなたはそれとはかけ離れていますね。作曲家があなたに侵入きてきて、魂にかみついたりすることもあるのではないでふか?

アファナシェフ:ええ。フルトヴェングラーの演奏の力についてお話ししましたよね。最善の方法は、自分の力を示さずに、保持して、自分自身を侵略されるがままにすることです。それだけの余裕は持ち得ています。どうぞ侵入してかださい、という感じです。何だって好きなようにしてくれ、私はそれだけ強いし、更に強くなり得るのだから。おそらく経験と仕事を長年重ねてきたからこそ、こうした侵入を許可することができる、それを受け容れられると言えるのです。

インタビュアー: こうした他者の侵入があなた自身を傷つけることはないのですか?

アファナシェフ: いいえ、私を傷つけることはできません。

インタビュアー: しかし、噛み付かれることはあるのでは?

アファナシェフ: ええ、やつらは噛みつくことはできますよ。でも、だからなんだというのでしょう?噛みつき返してやるだけです。

私には好きな言葉が2つあって、最初のものはいつも引用しているのですが、2つ目についてはこれまで明かしたことはありません。1つ目はですね、”状況が困難になっても、タフな者は更に努力する”。 これは私のことをよく言い当てています。人生を通じて、私は苦境に対処し続けなければなりませんでした。状況はいつも厳しいものであり続けています。第二のフレーズは”愚かな者には容赦しない”。だから、私は強靭なのですよ。もっともタフな人間のひとりです」

芸術

モーツァルトに降伏

一昨日の夜から、首が痛くて痛くて。辛いのでマリア ドルフィン タッチ ヒーリングを自分にしながら寝ました。紫や白の光に身体が包まれていく。ふわっとエネルギー体が体という物質から切り離される瞬間。「解放」の瞬間。身体の強張りもとれていきます。

首の痛みの原因はあれだよ、これだよ、とハイヤーセルフが教えてくれる。対処するべきものもあるけど、ほとんどが、「もう貴方の問題じゃないから放っておきなさい。構わなくていい」なんですよね。

でも私がやるべきことも教えて欲しい、と頼むと、モーツァルトとポンパドール夫人を出してきました。あー、また出てきたな、この課題。

私の魂の転生のひとつが、恐らくポンパドール夫人でした。その時に、モーツァルトを公然で軽くあしらいました。酷いことしたもんだ!悔しかっただけなのだと思います。何て大人気ない!

そして昨日は、世界的に有名なロシアのピアニスト、バレリー アファナシェフのコンサートへ。

前半はモーツァルトの作品ばかりでした。

アファナシェフの、もう何か「あちらの」世界で弾いてしまってるような、自由な軽やかな演奏と音響にも感動したんですけど、改めて、モーツァルトは天才だ、ということを確認したわけです。目を瞑ると心地よいメロディーが体に染み入る。特に第6と7のチャクラが解放されていく。眠ってはないんだけど夢のような感覚。後半のシューベルトに加えて、明らかに寝ている人の数が多い!それを「勿体無い。」と横のご夫婦は皆んなに聴こえるように大声で話してましたけど、私は、あのような素晴らしい時間とエネルギーをどう使うかは個人の自由だと思います。それに、単に寝ているだけじゃなくて、癒されてるんですよね。最高の癒しを得るために高いチケットを買う。いや、高くはないと思うけどね!


モーツァルトは天才だ。今回の人生でも、天才には何人かお会いしたことがありますが、天才って、天才なんですよ。説明になってないじゃん!

世の中には、「天才」と言われる人がいるけど、その全ては「天才」ではないと思う。努力と経験値が高いんですよ。卓球の愛ちゃんも、イチローも、天才ではなくて、努力してるんですよ。そこが素晴らしいんですよ。

で、天才ってのはですね、私たちが通常10年かけて取得するようなものを、ものの数分でやっちゃうんですよね。努力なしで。天から全てが降ってくる。

嫉妬も何も湧かないですよ、天才を横にすると。ただただ、その存在が、その人が生み出すものが神々しい。美しい。

じゃあ、天才の方が努力家より良いのか、というとそんなこともないと思います。兎に角、素晴らしいものを生み出しているという事実が尊いんですよ。そして、天才でも努力しなければ才能はタンスの肥やし。

私たちの多くは、「あの人天才だから」とか「あの人はお金持ちだから」「あの人は恵まれてるから」とか、何かのせいにしてひがんでしまう。でも、天才を前にするとただ感嘆するばかりだし、人に見えないところで努力しているから成功している、という人が殆どなわけです。今生でなくとも、過去のどこかで。その魂とスピリットの経験がものを言うわけです。努力しない人には努力が何なのだかがわからないから、人の努力がわからない。残念なことですが仕方ない。

そして、今回の東京公演に向けてアファナシェフが書いたメッセージが配られました。モーツァルトといえばサリエリの存在が頭に浮かぶものです。サリエリが嫉妬のあまりにモーツァルトを毒殺した、という説。プーシュキンや最近では映画でそういう物語が作られた。アファナシェフは、そういうドラマチックなストーリーとかを抜きにしたモーツァルトの音楽のクオリティー、純粋な美しさの価値をうったえていました。

ドラマは楽しい。ハラハラ ドキドキ。失敗や成功や栄光や影。ドラマチックなものは人を引き寄せます。なぜなら、私たちは人間という形をとっているいまだからこそ感情でドラマを楽しめる。もちろん魂存在に戻った時も楽しめるけど、今とは別の感覚になります。

今回のコンサートでは、モーツァルトにキチンと心から敬意を払うことができたかと思います。いや、というか、美しいものは理由なく美しい、ということをキチンと認識できたと思います。ハイヤーよ、課題は少しはクリアできましたでしょうか?(^^)

つれづれなるままに。。。, グルメ, 芸術,

最高のもの


アンジェリコの受胎告知を始め、素晴らしいフレスコ画のあるサンマルコ美術館。彫刻、油絵、アクリル、マーブル、七宝、砂絵などやってきたがフレスコ画はまだやったことがない。やってみたくなる!


ゴージャスなマーブルや金銀の細工、ドラマチックな油絵もいいけど、この素朴さとソフトな印象がフレスコ画の魅力だなぁ

今年から美術系の大学に編入して、建築とか絵画の歴史を学んでますが、そこで学んだものが目の前にあると嬉しい。芸術は、予備知識を持ってから鑑賞する方がずっと楽しい。

画家や建築家は、単に美しいものを作りたかったのではなくて、そこに哲学、宗教観、そして何よりも個人的な「望み」「希望」「願い」を織り込んでいたから。数百年前とそんなに大して変わってない、人間は。いつの時代もどうやったら「幸せ」になれるのか模索してきた。個人的な幸せ、社会の幸せ。


今回の旅行で散々天界に言われてる、「次は音だ!早く音に取り組め!」と。はい、やりますよ〜 でも、毎日たくさんのイベントが盛りだくさんな人生。なかなか音楽のために時間が割けらるない。天界よ、物質界には時空という制限があるのじゃよ!


Santa Maria Novella 教会へ。世界最古の薬局がある教会。ええ、修道士はヒーラーであり、医者でしたからね。昔からのレシピで化粧品とかクリームとか食べ物を作って売ってます←かなりお高めです (^^;;

マリアに捧げられた教会。


マリアの生涯がフレスコ画で描かれてます。もう、マリア、マリア、マリア!な教会です。

その後は電車で2時間移動して、トスカーナの田舎へ。暫くは、自然の中で馬と過ごします。お城のオーナーが経営している伝統ある宿泊と乗馬のための施設があります。


こ、こんな所に泊まれるとは!もー、素敵素敵!有名ホテルもいいけど、本物の田舎のお金持ちってのはもうレベルが全然違う。イギリスで1番憧れられるのがcountry gentleman. 田舎で暮らすお金もち。なんか、わかるわ〜


明日はお城のオーナーが帰ってくるらしいので、お話しできるそうです。

マリアを散々見たからかしら、引き出し開けたらイルカが出てきたよ!マリア&ドルフィンの講座に向けてサポート来てますね〜


夜は虫の声を聞きながら外で。リゾット、これだけでお腹いっぱいなんですけど。。。汗 でも、次のプレートのサラダと豆の煮込みも最高。あー、田舎は食材が豊か。観光地と料理が違うね。

一気に眠気が。。。卒業生に、私が男性2人と楽しそうにしていて、みんなミツバチマーヤみたいな格好してるのが透視で見えたと言われました。そういえば、自分の上の階の窓に蜂の巣があり、私の部屋にも来るんです。


明日からの乗馬のインストラクターさんは、イギリス人とオーストラリア人の男性らしい。お、英語圏のインストラクターをあてがってくれた!イケメンだという透視情報も入ってますので、大いに期待♡ ←結局1番元気になるポイントはイケメンらしい。