インド イスラーム文化, 芸術

1年前の今日、突然に友達が30代という若さで亡くなってしまった。まだ数ヶ月しか経っていない気分。人の命って、いつ終わるかわからない。

インドで過ごした3年半で、人を心の底から憎んだこともある。金と名誉のためならヒトは時に他者を裏切り、「良い人」の仮面を被り、罪をなすりつけ、のうのうと生きていく。家族だろうが友達だろうが平気で裏切る。それは、世界中で、今でも毎日のように目の前でもネット上でも起きている。

正直さと誠実さだけでは生きていかれないんだという現実を27歳の私にインドは教えてくれた。

それでも人を信じていこうとする自分の本質との狭間で、タゴールの詩や唄や、ルーミーの詩、イスラームの古典舞踊、古典音楽、美しい工芸品に励まされた。

そして、その亡くなった友達をはじめ、数名の、無条件に信頼できる人にも出会えた。そんな良い人達を見てると、泥沼の中から咲く蓮を見ているようだった。強くて、優しかった。人から誤解されることや嫌われることを恐れずに生きることを教えてくれた。

どん底の経験ほど貴重なものはないと思ってる。

人にどう見られるかなんて気にしてたら、本当にやりたいことなんてできない。ヒトは身勝手にあなたのことをその人が見たいように、捉えたいように捉えるから。あなたをよく知らない人にあなたのことをどうこうジャッジする権利なんてない。

霊魂は不滅でも肉体は有限。

またいつかコルカタで「恵姉さん元気?」と彼女ははにかみながら、綺麗なベンガル語で出迎えてくれる、と考えていたけど、もうそれはないんだね。あなたの死亡解剖結果もみたよ。でも、私たちは色んな意味で納得できてない。

とはいえ、もう今からは何もできない。アレコレと考えを巡らせることはもうやめてる。

改めて、心身の健康の大切さを痛感してる。

夢半ばで逝き後悔したくない。

あなたに、そして何より自分自身に恥じない生き方をしようと思ってるよ。

セッション体験☆報告談, 女性 女性性

令和の始まる前に

皆さま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

いよいよ令和がスタートしましたね。私は空で、しっかりめのシャンパンでお祝いしました🥂 ANAもシンガポールエアラインも、どちらでも。むふふふ

足が届かない。めちゃめちゃ届かない (^◇^;)

で、シンガポールエアのビジネスクラスはやっぱり1番だと思う。CAさんのコスチュームもバティック柄で超好み。素材のレベルも、サービングも素晴らしい!

モスリンのティーバッグ。もちろんTWG。

お得にワンランク上の旅をしたい方、個別でご連絡ください。教えちゃいます。こんなに安くて良いんだろうか、とビックリすしますよ。

と、楽しむ一方で、私にとって、平成最後の2年間は、人の死と向き合う時間でもありました。バタバタと国内外の知人が旅立ちました。

我々は、いつか肉体を去る。だから、肉体の中にいる間に悔いのないように生きたい。大好きな人と物と食べ物と環境と経験に囲まれて過ごしたいですね。

数日前、突然、10年ぶりに鬱のような症状が出ました。長くても数日で終わるもので、数時間で終わるものだろうと分かっていたけど、どーんとカラダも気持ちも重くなり、珍しく寝込みました。

夢の中では、最新テクノロジーの開発者、ブロックチェーンに詳しい方などが次々と現れて、メッセージとタスクを残していかれました(しかし、内容は忘れてます。映像だけ覚えてる)。

何かが起こるに違いない、と眠っていると、ふと目が覚めて。携帯を開けると、遠隔セッションのご依頼。こんな自分の調子が悪い時に限って、とても良い内容のセッションができるんですよね。もう、過去のパターンで知ってます。「良い内容」というのは、私自身にも学びがあり、シフトを助けてくださるエネルギーを見ることができる、ということ。

そして、いざ蓋を開けてみると。。。

とても美しい、純粋なエネルギーを持つ関西のお客様でした。地球を救うため、愛と光を伝えるために降りてきた。人を疑わず、人のために生きることが当たり前の彼女にとっては、普段の人間関係がとても辛いのです。

誰かを疑いながらお付き合いするって、とても疲れませんか?

そして、彼女の亡くなったお祖母様の魂とチャネリング。戦争の時代を気丈に、優雅に、たくましく、自立した女性として生きたお祖母様。私も涙が出てきてしまいました。

ありがたい。こんなにも美しい魂を見させていただき、感動🥺

セッションが進む中で、鬱の症状は完全に消えてしまいました!

ヒーラー、ライトワーカーの仕事はとてもありがたい機会をいただけるのです。例えヒーラーでなくとも、普段の生活や活動の中で、誰でもライトワーカーになれます。