ヒーリング講座☆ワークショップ, 未分類

完璧でなくていい

通信講座の方、「いつ始まりますか」とポツポツご連絡いただいてます。これが、なかなか進まない。。。。 というか、これを産み出す過程で個人的に学ぶことが沢山あるようなのです。その過程を経ること、過程で出てくる課題をこなしていくことに大きな意味があるから、無理に急いで形にすると、本来提供できる内容が盛り込めないのだな、と思います。

 

昨日も、キャンパスに描いた絵を、白紙に戻すまではいかなくとも、修正することを余儀なくされた気がしました。

 

日本語と英語の両方で作るわけですが、翻訳をお手伝いしてくださる方からできてきた「完璧すぎる」原稿。素晴らしい頭脳を持った方で、ご自身もスピリチュアルなことを学ばれていて、知識も豊富で、大学で培われた文章構成の能力も高く。お金かかっても仕方ないな、と思わせるお仕事ぶり。

 

だけど、出来上がった原稿を見て、「あ、このままでは”私らしさ”がいつか失われるであろう。日本人独特の表現や感覚が薄れてしまう」と思いました。英語として完璧な表現や文法をとるのか、それとも不完全なものかた波動で伝わるものをとるのか。

 

私の中では答えは明確です。

 

さて、この完璧なものをまた「不完全」に戻す作業の始まり始まり。

 

通信講座って、実際に対面でお話しすることはなく、お金を払ったら教材が送られてくる。数回のやり取りがあるだけで終了。だから個人的な深いワークは当然できないので、そこまで深い内容にはしないわけです。透視とかは通信やビデオ講座で安易に教えるものではないと私は思ってます。それば、ビジネスとしては成功するかもしれないけど。こんなに安くで学べるんだって、飛びつきますよね。中途半端に学んだ知識でリーディングとかをすることがいかに怖いことかは、生徒を育てたり、他のヒーラーをみていて痛感しています。「過信」ほど怖いものはない。

 

PARAMITAの通信講座は、他者をリーディングをする、とか、ヒーラーとしての認定を出すものではないわけです。自己啓発を目的としたもの。だから、「認定」が取れるものではない。だけども、大切なことは認定をとることとか資格をとることでもないわけで。通信講座とはいえ、個別指導も入れますけどね。

 

言葉や形式や目に見えるもの、物理的に手に入れるもの以上のものを盛り込むわけだから、カタチの完璧さにこだわる必要はない、と自分に言い聞かせてます。

 

結局怖いのは他者、特に英語圏のヒーラー達からの批判なんだと思います。そこ、乗り越えないと駄目じゃんMegumi!と鼓舞してます。

 

ええ、乗り越えますよ。じゃなきゃあ手はつけてません 笑

 

ただ、こうやって「私はやり遂げます。失敗を恐れません。カタチ以上のものを受け取れる人々に広がります」と宣言したいだけなのです。

 

そして、先日ある方から言われました。「Megumiさん、あなたはこうやって日本から世界に発信する人なんですね。受講者がいるか心配されているみたいだけど、でも、これからは世界中から多くのヒーラーやそうでない人も日本に集まってくる。大体、英語で発信しよう、なんて普通の人は考えないことですよ」と。

 

それは、きっと、需要があるってことですよね。って、別にその方はリーディングされたわけではありませんが。でも、多分、多分、そういうことなんです。自分にはそんな力はないって思っちゃうのが、不要なエゴなわけです。自分でブレーキをかける。だけど、ハイヤーセルフや天使やらガイドからは「やって!やって!だって、あなたはやれる人でしょ!」とルンルンしてるんですよね。待ってるのですよ、多くの人が。そう、それわかってるから尚更怖い。矛盾だ。

 

だめだ、Megumi。ちゃんとアクセル踏もう。あ、でも、ペーパードライバーだった。。。。

 

馬なら動かせるぞ。短鞭をピシピシと横腹キックとふくらはぎの圧迫をし続ける。内転筋が鍛えられるという副産物もゲット。

 

ちなみに、あのムチですが、叩いて痛みを与えることが目的ではなく、ピチッっていう音をたてて、「ほら、乗り手の合図に気付きなさい」というのが目的なのです。

つれづれなるままに。。。, 瞑想クラス

6/23の瞑想会やら、本やら

前回の瞑想会参加者の皆様、みんなで作ったササのワンドはちゃんと振ってますか?(^ー^)ノ

うちは、気づくと娘が私のオーラをワンドで綺麗にしてくれます。

また、ワンドを作って直ぐに娘の喘息の発作が出ましたので、娘にもふりふり。

個人セッションの後、家に帰ってからも玄関でふりふり。

娘がみるビジョンも更にバラエティに富んだものになったり。

私も、この半年整理させたい人間関係がスルリと上手く片付いたり。

新しい講座の準備が進んだり。

役に立ってます。

さて、今週の瞑想会は、自分を大切にすることをテーマにやろうと思います。


来週、娘の学校でお話し朗読の担当をします。図書館で、本を選んでいると、ふと目に付いたこれ。日本語のタイトル忘れましたが、有名ですよね。

読んでみました。


図書館で泣いてしまいました。

男の子に全てを与えるこの木の気持ちに共感してしまった。

与え続ける。大切だからこそ与え続ける。自己犠牲をしてでも。それは、お話としては美しいですが、人間関係だったら、辛いですね。

与えつつも自分を大切にする。

大事なテーマです。

6/23木曜日 14:15から16:15 神楽坂

参加費3000円

ご参加希望の方はご予約ください。

ashirbad.megumi@me.com

090-9375-8017

動物 ペット ヒーリング, 子供とエネルギー

幸福を貰えた気分

振替休日で、2人で乗馬へ。今日も娘はクレスト指名で。次回からは他の馬にもチャレンジすると言ってくれました。ほっ (-。-


ニンジンちょうだーい byしんじゅ

アニマルセラピーに活かすために乗馬始めたけど、ほんと、役立ってます (・ω・)ノ  子供の心を学ぶにもいいですね。ヒーリングのセッションやスクールで活かします。

それから、先週、馬のしっぽの毛が欲しいな、と思っていたら、今日乗ったセンターウィングスのアブミのところに1本抜けたのが付いてた!

幸運や幸がもたらされると約束された気分です★

グルメ

「同情では買って欲しくない」ワイン


The collaboration of Modern Chinese dish of ESSENCE (Michelin Gourment Restaurant) and Japanese winery COCOFirm. Food was great! The best part I found about the wine is that they make wonderful sparkling wine done by Champagne system, and social challengers working with the winery turn bottles every day. All the wines are preservative free unlike imported wines. It was my first time to try ‘orange’ wine. The quality was surprisingly high. 

昨日の、ワインと中華料理のコラボイベント、勉強になったし、美味しかったな〜 国産ワインだから保存料が入ってないため、胃もたれせず、アルコールがスーッと身体から抜ける。国産ワインとフランスの有名どころのワインを比べるワイン通の方々もいますが、それだと多分楽しめないんですよね。国産ワインには国産ワインの良いところがあると思うんですよ。どうせワインだけではなく、チーズとか、野菜とか、お肉とか、国産の食材と合わせて食べるのが旬と地元の味を楽しむということなわけで、セットなのです。
その土地のものを混ぜ混ぜしながら楽しめばいい。日本の食材はフランスのものに比べてクセが少ないし。
写真のワインは、一応「白ワイン」の部類だそうです!最近ではオレンジワインとも呼ばれ、ロゼには入らないとか。
あとチーズと一緒に出てきた、COCOファームの白ワイン入りジャムは絶対に買おう。あと、シャンパン方式で作られたスパークリングも。これも、泡が細かくて美味しかったですよ。

ESSENCEの中華料理とはいえ、フレンチのような、でもやっぱり味も食材もフレンチではない、みたいな薬膳料理。とても美味しかった!ミシュランのグルマンにノミネートされたお店だけあります。

さて、ワイナリーのCOCOファームさんは、障害者達をワインやジャム作りで採用しているそうです。上記のスパークリングも、施設の方々が、何年もかけて、毎朝夕、1本1本45度ずつ回すそうです。ジャムの瓶詰め作業が大好きな施設の方は、作業が終わると「もっとやりたい」と言うそう。それはまた来年の作業。それで、「またやろうね」と話して納得させるそうです。そんなところから「MATAYARONE」というネーミングのデザートワインもできたそうです。私が持ってるのがそれです。いや〜、過去世で仲よかった夫と並ぶと楽しそうですね〜 笑 

土に触れる農作業は、精神障害者に限らず、すべての人を癒しますよね。インドで有機農業とか、障害者の方の教育に携わっていたときの記憶がよみがえります。持続可能な開発をしないといけないのですよ。そこにはビジネスというのは不可欠なのです。

ファームの方が、「同情では買って欲しくない」というのが耳に残りました。いや、同情とかじゃなくて、このクオリティーでお客様はつくと思います。

ESSENCEにもまた行こう★

ヒーリング講座☆ワークショップ, 神様

マリアをみた

リーディング アドバンス コースの生徒さんから連絡が。

「先生、マリア様って肉眼で見える事ってありますか?天使や妖精は子供とか見えそうですが…」

はい。肉眼ではなく、第三の目で見えるんですよね。

そしたら、この生徒さんがどうやら昨日、初めてマリアを目撃したらしいのです。もともと、天界との繋がりの強い方。コースでチャネリングも学び、更に強まったと思います。

詳しいことを聞くのが楽しみです。

神様, 動物 ペット ヒーリング

「勉強」は楽しく

ドリーン バーチューのオラクルカードを日本語に訳されたハナさんのワークショップを受けてきました。ひたすら引いてはカードの解説を音読。

デッキの解説者には載っていないことも聞けました。

あー、幾つかのデッキを新しく買い足したい、買い直したい、と思っていたら、近くの本屋で期間限定でオラクルカードのイベントがやっているのを発見!

3つ購入してきました。

そして、先ずは女神のデッキと仲良しになりました。古いデッキは捨てますが、1枚だけとっておこうと思うのがこちら。


富と美の女神ラクシュミー。このカード、金粉がついてたんです、はじめから。Hのところに。だからかな、こんなに色々なことに投資していて毎月の出費は大変ですが、今のところ、やりたいことは全部できてます。

ハナさんにも言われたんです、「そうそう、ドリーンも言ってますよ、お金は貯まらないものだと。投資するべきところに投資するべきなのよね」と。

はい、それを信じて本日に至ります。税金やクレジットカードの請求書、通信講座の私の英語をネイティヴの方にチェックしてもらう請求額に恐れおののくこの数日ですが、やはり、これでいいはず 汗 汗 汗 と信じようと思います。

ネイティヴ チェックも、日本語がわかるアメリカ人で、エネルギーのことも勉強されている方だから、やはりそれなりの額は請求されても仕方ない。別のネイティヴの方に頼めば半額以下に抑えられるとは思うのですが、やはり、今できる最高のことをするべきだと思います。

ラクシュミー、よろしくね。

あと、絶対今生で叶えさせたいあるテーマがあり、エンジェルIのオラクルカードを引いたら3枚飛び出してきました。あー、もう、それは焦らず待つしかないみたい。やることをやれ、と。で、やることは何かと聞いたら「STUDY 勉強」のカード。勉強といえば、もう今色々やってるんだけど、何を1番優先したらいいのか聞いたら、


ユニコーンの絵柄の「好奇心」のカード。

あ、やっぱり乗馬なんだね。

はい、来週の試験は必ず合格しないと!

つれづれなるままに。。。, 動物 ペット ヒーリング, 未分類

お天気さん


我が家に来てから蕾をつけたダビンチが咲きました。咲き始めは、花粉がたくさん。生命の創造のエネルギーに満ちています。
昨日乗ったピサノペガサス。すぐ下向いちゃうから、それを調整する器具をつけて。

今日は2鞍ともルイでした。雨上がりで足元最悪でしたが、それでも走るルイ君。私もそうありたいと思います。

ヒーリング講座☆ワークショップ

次回のマリドル

お知らせ。次回のマリア & ドルフィン タッチ ヒーリングの開講は、7月ではなく9月か10月になるかと思います。もしくは、リクエストをされる人数が一定数に達したら開催いたしますので、ご希望の方はご連絡下さい。

通信講座の準備やその他のことで時間を取るのが難しいのです。ハイヤーセルフには、短期のコースはシリーズにせよ、と言われている、というか、シリーズの漠然とした構想がどんどん上から降りてくるのです (・ω・)ノ

スペイン、イタリア滞在中もアイデアが更に降りてくるでしょうしね。

身体が3つあればいいのにな、と思う毎日です。

つれづれなるままに。。。, 女性 女性性

カラバッジョ展

最終日に行って参りました。


若くして亡くなったカラバッジョ。犯罪者、ホモセクシュアルなど、人間臭さがその死後も生々しく伝わる画家。

画家としての完成度は、もっと長く生きていたらもちろん更に高くなっただろうと思える感じは漂いますが、テーマの捉え方と表現がその後のヨーロッパ絵画に与えたものは計り知れないものがあると思いました。

カラバッジョ派の他の画家の絵もたくさん。

今回個人的に目を惹かれた作品の一つはこれ。

マグダラのマリア。イエスの子を懐妊したもの。これが当時世間に与えた波紋を考えると、その光景が目に浮かぶようです。

日本で、これが世界初公開だそうです。

画面の下にあるカタツムリは、再生のシンボルだとか。音声ガイドを借りてなかったらわかりませんでした。

我が家では、昨日ハルピーが、「ママ、ナメクジ触れたよ!」と騒いだばかりです。まあ、同じようなものでしょう *\(^o^)/*